良い変化があったのに…問題解決は難しかった/問題教師に保護者としてとるべき行動とは(9)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.80】

前回の記事
先生と私が直接話したという噂はあっという間に広がって…

暴言を吐いてしまうB先生と話し合った数日後、ボランティアで学校へ行くと…


話し合ったのがよかったのか? 先生の表情も明るく、何より子どもたちと交流を深めようとしてる姿は今まで無かったものだったそうで…以前は挨拶してもあまり反応がなかったのですが、今回は感じのよい挨拶をしてくれました。

私にとってもたくさん迷って考えた末の行動でしたが、クラスの笑顔が増えたという結果なら何より嬉しいです。

ところが…


とても残念な情報でした…
またB先生は特定のお子さんたちに暴言を吐いてしまってるというではありませんか。
変わろうと努力はしてくれたけど…戻ってしまったのでしょうか。

次回は再び校長先生とお話です。

0

externallink関連リンク

【新連載】2男2女 21年の育児の中で感じた育児日記スタートします!【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.1】どう話せば伝わる?…問題教師に保護者としてとるべき行動とは(5)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.76】先生と直接話す機会がきた! 問題教師に保護者としてとるべき行動とは(6)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.77】先生との話し合いは予想外の展開に… 問題教師に保護者としてとるべき行動とは(7)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.78】先生との話し合いを周りで見ていたママたちは… 問題教師に保護者としてとるべき行動とは(8)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.79】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)