80年代にインスパイア…インテルの2020-21シーズンのユニフォームお披露目

 ナイキは、サプライヤーを務めるインテルが2020-21シーズンに着用する新ユニフォームを発表した。

 この度発表された新ユニフォームは、1980年代のデザインにインスパイアされたもので、クラブの伝統的な色をラディカルに受け止めることで、ミラノの文化、価値観、スタイルとして最高のものとなったという。

 ナイキ・フットボール・アピールの副責任者を務めるスコット・マンソン氏は、「私たちはクラブの伝統的なストライプのアイデンティティに挑み続けている。今回は最も重要なデザインムーブメントの一つからインスピレーションを得ています。ジグザグ模様のグラフィックはポストモダンデザインの定番であり、ズルズルと這うビッシオーネを思い起こさせます。こうして想像もできないホームキットが誕生しました」と説明している。

 インテルの新シーズンキットは、7月1日からナイキのストア及びインテルのストアで購入可能となる。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)