大変身した私鉄車両 京王デワ600形電車 通勤電車6000系が「事業用車両」に

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。そのひとつが、京王電鉄のデワ600形電車です。もともと通勤形の6000系電車でしたが、貨車などを挟む「事業用車両」になりました。

元は京王の通勤電車だった6000系が事業用車両デワ600形に

 全国各地を走る私鉄の車両のうち、改造で大きく姿を変えたものを紹介します。 京王電鉄の事業用車両(営業用ではなく線路や架線などの維持管理に使われる車両)デワ600形は、もともと旅客用の6000系電車として製造されたものです。6000系は、8000系電車などの登場にともなって徐々に引退が進みました。 一方で当時、京王でレール運搬用貨車を牽引していた車両は6000系よりさらに古い5000系電車だったことから、6000系を改造して置き換えることになりました。こうして生まれたのがデワ600形です。

 デワ600形は、6000系時代と車体はほぼ同じながら、前面や側面に「警戒色」と呼ばれる赤色の斜めストライプが入り、事業用車両であることが一目瞭然でした。中間に貨車や検測車両を挟み込み、京王線を裏方として支えましたが、2015(平成27)年に後継となるデヤ900形にバトンタッチし、引退しています。 なお、京王6000系は一部の車両がラッシュ時の混雑緩和対策として片側5扉で登場し、後に一般的な片側4扉に改造されました。その際には、両端の扉から中央寄りにあたる側板をいったん切り取り、扉や窓部分の一部を再利用するという、プラモデルのような改造が行われました。

0

externallink関連リンク

横から見たら同じ車両? 首都圏の鉄道で採用広がる「標準車両」とは 全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ 電車のパンタグラフ「ひし形」が「く」の字に コストだけではない普及の理由
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)