国内男子3戦目・アジアNO.1決定戦も新型コロナの影響で中止に

5月7日(木)から4日間の日程で千葉県にある総武カントリークラブ 総武コースで開催予定だったアジアンツアーと日本ツアーの共同主幹大会「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」が中止になることが4月3日に発表された。

主催のアジア太平洋ゴルフ連盟、関西テレビ放送株式会社、三菱商事株式会社、公益財団法人日本ゴルフ協会の連名で書かれたプレスリリースで「大会事務局では、新型コロナウイルス感染拡大を受け、ギャラリー、選手、ボランティアの皆様の安心、安全確保のために慎重に協議を重ねてまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大は日本国内のみならず世界的に日々深刻化の一途を辿っています。3月11日に世界保健機関(WHO)が『パンデミック(世界的な大流行)とみなせる』と表明し、国際社会として感染拡大防止に向けた対策強化が呼びかけられました。アジアNo.1 を決める国際大会として開催している本大会は、各国の出入国制限措置が拡大されている現状や、世界的に感染防止に取り組む姿勢を重く受け止め、本年の開催を中止するという判断に至りました」と理由を説明している。

本大会は1973年より開催されている伝統あるトーナメントで、2013年には当時58歳の中嶋常幸と最終組で争った松山英樹が優勝。昨年大会では主催者推薦選考会を勝ち上がった浅地洋佑が涙の初優勝を挙げるなど名勝負が生まれている。

国内女子ツアーは4月17日から開催予定だった「KKT杯バンテリンレディス」が中止に。海外メジャーでは「全英オープン」の中止検討が報道されている状況。東京五輪も1年程度の延期が発表されるなど、新型ウイルス禍の出口がいまだ見えない。一刻も早い事態の終息が望まれる。

0

externallink関連リンク

■昨年大会の結果一覧 ■渋野日向子の今季ギアは? “男子御用達”シャフトを導入! ■練習場やゴルフ場の営業停止は賛成?反対?【アンケート結果】 ■ファンなら正解して当然? 女子プロクイズ ■あなたは何問解ける? 「石川遼クイズ」初級編
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)