【50歳からの「オトナの放課後」】(第7回)ドーパミンで老化の進行が遅れる?「私の音楽史」をたどる(2)

DJ

※大きな文字で表示しています。

鈴木準さんの50歳からの「オトナの放課後」、第7回目の後編は洋楽です。引き続き、あなたの好きな音楽のこと、教えてください!前編はこちら

洋楽の入門は、やはりビートルズとカーペンターズ


昭和48年に中学校に入学しましたが、洋楽はまずはビートルズからでした。当時は既に解散していましたが、彼らのヒット曲が収録された「赤版・青版」はよく聞きました。個人的には初期の『プリーズ・プリーズ・ミー』や『抱きしめたい』が好きでしたね。そして今は亡き、カレン・カーペンターの澄んだ歌声に魅了された、カーペンターズの『イエスタディ・ワンス・モア』は、特に女の子の間で人気がありました。

中学校は部活動がわりに、万年放送部でしたが、そんな中学3年生の時に、学校の放送で流した、ヴァン・マッコイの『ハッスル』のジャケットに掲載されていたダンスが、なんだかセクシーさを感じていましたが、まだ当時地方の中学生には、ディスコの存在は未知の世界でしたね(笑)。


高校生はひたすらロック、その中で・・


高校生になると、買っていたレコードはほとんど、ハードロックやプログレッシブロック。ディープ・パープル、レッド・ツェッペリンや、ピンクフロイド、キング・クリムゾンといったアーティストを聴いていましたが、正直ピンクフロイドは、当時聴いていても良さが分からず、背伸びをして聴いていました。そしてイーグルスの『ホテルカリフォルニア』でアメリカンロックに目覚め、当時は雑誌「POPEYE」の影響でアメリカの西海岸カルチャーが影響を与えた時代。そんな中で、友人から聞き、初めて聴いたブラックミュージックが、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの『宇宙のファンタジー』でした。今までに聴いた洋楽とは全く異なる世界観に、「一体これは何?」と、田舎の高校生は魅了され、そして昭和53年に「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本公開。ロードショーを観るため名古屋まで行った思い出があります。


そして上京するとDISCOの影響を受ける!


高校卒業後の昭和54年4月に上京しますが、当時はディスコの一大ムーブメント。最初に行ったのは、新宿歌舞伎町の東亜会館にあったカンタベリーハウスBIBA館。店内では前出のアース・ウィンド・アンド・ファイアーの『ブギー・ワンダーランド』がヘビーローテーション。そして翌年には六本木伝説のサーファーディスコ、キサナドゥで聴いた、レイパーカーJr&レィディオの『パーティーナウ』は、今でもディスコではテッパンソングです。

当時はディスコで流れるソウルミュージックにはまり、米軍ラジオ局のFENで夜11時から放送されていた「ドン・トレーシー・ショー」を聴いて、最新のアメリカで流行っているブラックミュージック、ディスコミュージックをチェックしていました。

そしてAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)もよく聴きました。都会的でオシャレな音は、何か自分が大人になった感じがして、当時の男の子はクルマの中で、特にデートでよくかけていましたね。ボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェルや、スティーリー・ダン、クリストファー・クロス、好きなアーティストがいっぱいです。ディスコでも特に「サーファーディスコ」では、ブラックの楽曲の合間によくかかっていました。


あの頃の音楽を聴くことで、再びワクワクしよう!


前編の冒頭にもお話ししたように、昔の音楽を聴くことは、今の「ドキドキ・ワクワク」に繋がります。ディスコに再び帰って来た「少年・少女たち」は、無邪気にはしゃいで楽しんでおり、こうした時間や空間から、「忘れていた何か」を思い起こして、新たなチャレンジを図ることは珍しくありません。
いま、この原稿を書いているのは3月20日で、世の中は自粛ムードですが。そんな時だからこそ、昔聴いた音楽に耳を傾けて「ワクワク感」を味わうのも良いのではないでしょうか。

 
 
筆者:鈴木 準(スズキジュン)
株式会社ジェイ・ビーム代表取締役
マーケティング・コミュニケーション・コンサルタント、
コラムニスト、ABS研究家、昭和歌謡DJ
南カリフォルニア大学ジェロントロジー学科通信教育課程修了
一般財団法人グローバルジェロントロジーセンター:美齢学指導員
一般社団法人日本元気シニア総研執行役:ABS研究会主任研究員
一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会:客員講師
共著書として「広告ビジネス戦略(誠文堂新光社)」を始め、執筆、セミナー、企業研修は多数


externallinkコメント一覧

【50歳からの「オトナの放課後」】(第7回)ドーパミンで老化の進行が遅れる?「私の音楽史」をたどる(2) へのコメント 311件 』

  • 投稿者:(^∇^☀️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚♫)(=´▽`=⛱️)♬~
    ■Takeo Ischi (石井健雄.東京→ドイツのヨーデル歌手)
    《Jodler Braut (1986年.昭和61)》

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (^o^❇️)♪ (=´▽`=☪️)♬♫~
    ■The Ritchie Family リッチー ファミリー (USAフィラデルフィア市の女性トリオ含むディスコ系ボーカル グループ)
    『The Best Disco In Town ディスコは恋の合言葉 (1976年.昭和51)』

  • 投稿者:(・_・☪️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚¶)♪(=´▽`=☪️)♫~
    ■Them ゼム(北Ireland ベルファスト市の5人グループ)
    「Here Comes The Night (1965年.昭和40)」

  • 投稿者:(・_・☪️)オカルトさん(By.ss)

    (^o^)♪(=^ェ^=)♪又聴いていました。
    ■Boys Town Gang ボーイズタウン ギャング(USAのダンス系 男女3人グループ)
    「Can’t Take My Eyes Off You 君の瞳に恋してる (1982年.昭和57)」

  • 投稿者:(・_・☪️)オカルトさん(By.ss)

    (^∇^)♪(=^ェ^=⚛️)♫
    ■John Williams ジョン ウィリアムズ(USAの作曲家☆1932年2月8日~89才)
    「Raiders March (Indiana Jones Main Theme) レイダース マーチ (1981年.昭和56)」
    「Theme From Superman (1978.昭和53)」

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚¶)(=´∀`=¶)◉ヾ(=´ω`=)(^_^¶)
    ■The Tornados トルネイドース (英国のインストゥルメンタル系グループ)
    「Dragonfly (1963年.昭和38)」
    「Hymn For Teenagers (1963年)」

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚♕)♪(=^ェ^=⛱️)♬~
    ■Tommy Roe トミー ロウ (USAアトランタ市.1942年5月9日生~79才)
    『Jam Up And Jelly Tight (1969年.昭和44)』

  • 投稿者:(´Д`♕)オカルトさん(By.ss)

    (^_^)♪(=^ェ^=)♬
    ■Bay City Rollers ベイ シティ ローラーズ(英国Scotland エディンバラ市の5人グループ)
    「Angel Baby (1975年.昭和50)」

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚☀️)♪~ (=^ェ^=⛱️)♫~
    ■Gary Puckett & The Union Gap ゲイリー パケット &ザ・ユニオン ギャップ(USAの5人グループ)
    『Lady Willpower (1968年.昭和43)』

  • 投稿者:(^∇^✡️)オカルトさん(By.ss)

    ( ゚ー゚♕)♪ (=´Д`=♛)♫~
    ■The Small Faces スモール フェイセス (英国のロック バンド4人グループ)
    『Tin Soldier (1966年.昭和41)』
    『Song Of A Baker (1968年.昭和43)』

  • 1 2 3 32

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)