【50歳からの「オトナの放課後」】(第7回)ドーパミンで老化の進行が遅れる?「私の音楽史」をたどる(2)

DJ

※大きな文字で表示しています。

鈴木準さんの50歳からの「オトナの放課後」、第7回目の後編は洋楽です。引き続き、あなたの好きな音楽のこと、教えてください!前編はこちら

洋楽の入門は、やはりビートルズとカーペンターズ


昭和48年に中学校に入学しましたが、洋楽はまずはビートルズからでした。当時は既に解散していましたが、彼らのヒット曲が収録された「赤版・青版」はよく聞きました。個人的には初期の『プリーズ・プリーズ・ミー』や『抱きしめたい』が好きでしたね。そして今は亡き、カレン・カーペンターの澄んだ歌声に魅了された、カーペンターズの『イエスタディ・ワンス・モア』は、特に女の子の間で人気がありました。

中学校は部活動がわりに、万年放送部でしたが、そんな中学3年生の時に、学校の放送で流した、ヴァン・マッコイの『ハッスル』のジャケットに掲載されていたダンスが、なんだかセクシーさを感じていましたが、まだ当時地方の中学生には、ディスコの存在は未知の世界でしたね(笑)。


高校生はひたすらロック、その中で・・


高校生になると、買っていたレコードはほとんど、ハードロックやプログレッシブロック。ディープ・パープル、レッド・ツェッペリンや、ピンクフロイド、キング・クリムゾンといったアーティストを聴いていましたが、正直ピンクフロイドは、当時聴いていても良さが分からず、背伸びをして聴いていました。そしてイーグルスの『ホテルカリフォルニア』でアメリカンロックに目覚め、当時は雑誌「POPEYE」の影響でアメリカの西海岸カルチャーが影響を与えた時代。そんな中で、友人から聞き、初めて聴いたブラックミュージックが、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの『宇宙のファンタジー』でした。今までに聴いた洋楽とは全く異なる世界観に、「一体これは何?」と、田舎の高校生は魅了され、そして昭和53年に「サタデー・ナイト・フィーバー」が日本公開。ロードショーを観るため名古屋まで行った思い出があります。


そして上京するとDISCOの影響を受ける!


高校卒業後の昭和54年4月に上京しますが、当時はディスコの一大ムーブメント。最初に行ったのは、新宿歌舞伎町の東亜会館にあったカンタベリーハウスBIBA館。店内では前出のアース・ウィンド・アンド・ファイアーの『ブギー・ワンダーランド』がヘビーローテーション。そして翌年には六本木伝説のサーファーディスコ、キサナドゥで聴いた、レイパーカーJr&レィディオの『パーティーナウ』は、今でもディスコではテッパンソングです。

当時はディスコで流れるソウルミュージックにはまり、米軍ラジオ局のFENで夜11時から放送されていた「ドン・トレーシー・ショー」を聴いて、最新のアメリカで流行っているブラックミュージック、ディスコミュージックをチェックしていました。

そしてAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)もよく聴きました。都会的でオシャレな音は、何か自分が大人になった感じがして、当時の男の子はクルマの中で、特にデートでよくかけていましたね。ボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェルや、スティーリー・ダン、クリストファー・クロス、好きなアーティストがいっぱいです。ディスコでも特に「サーファーディスコ」では、ブラックの楽曲の合間によくかかっていました。


あの頃の音楽を聴くことで、再びワクワクしよう!


前編の冒頭にもお話ししたように、昔の音楽を聴くことは、今の「ドキドキ・ワクワク」に繋がります。ディスコに再び帰って来た「少年・少女たち」は、無邪気にはしゃいで楽しんでおり、こうした時間や空間から、「忘れていた何か」を思い起こして、新たなチャレンジを図ることは珍しくありません。
いま、この原稿を書いているのは3月20日で、世の中は自粛ムードですが。そんな時だからこそ、昔聴いた音楽に耳を傾けて「ワクワク感」を味わうのも良いのではないでしょうか。

 
 
筆者:鈴木 準(スズキジュン)
株式会社ジェイ・ビーム代表取締役
マーケティング・コミュニケーション・コンサルタント、
コラムニスト、ABS研究家、昭和歌謡DJ
南カリフォルニア大学ジェロントロジー学科通信教育課程修了
一般財団法人グローバルジェロントロジーセンター:美齢学指導員
一般社団法人日本元気シニア総研執行役:ABS研究会主任研究員
一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会:客員講師
共著書として「広告ビジネス戦略(誠文堂新光社)」を始め、執筆、セミナー、企業研修は多数


externallinkコメント一覧

【50歳からの「オトナの放課後」】(第7回)ドーパミンで老化の進行が遅れる?「私の音楽史」をたどる(2) へのコメント 698件 』

  • 投稿者:(^∇^⌚️)オカルトさん(By.ss)

    (°▽°☆)♪(=^ェ^=⭐️)♪
    ■ Samantha Fox サマンサ フォックス
    『 Nothing’s Gonna Stop Me Now ストップ ミー ナウ [1987.昭和62] 』

  • 投稿者:(^∇^⌚️)オカルトさん(By.ss)

    (゚∀゚✴️)♪(=´▽`=✨)♫~
    ■ Samantha Fox サマンサ フォックス [英国ロンドン.1966年4/15~56才☆モデル&女優&歌手]
    『 Touch Me [1986.昭和61] 』
    『 I Surrender ( To The Spirit Of The Night ) [1987.昭和62] 』
    ♦グラマーな肉体.可愛らしさとワイルドな性格があり、歌声も良かった印象があります。
    (´Д`*) (=^◇^=❇️)♪

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (^_^)♪(=´▽`=)♬
    ■ The Love Machine ラブ マシーン [⑦人組.黒人女性ボーカル グループ]
    〖 Desperately 恋のショック [1977.昭和52] 〗

  • 投稿者:(・_・✝️)オカルトさん(By.ss)

    (^o^)♪(=^ェ^=)♫
    ■ The Sylvers シルヴァーズ [USAロサンゼルス市の兄弟&姉妹⑥~⑨人ボーカル グループ☆R&Bディスコ系]
    【 Boogie Fever ブギー フィーバー [1975.昭和50] 】

  • 投稿者:(^∇^☀️)オカルトさん(By.ss)

    (°▽°)♪(=^ェ^=)又聴いていました♪
    ■ Dave デイヴ [蘭アムステルダム→仏パリ市.1944年5/4~78才☆TV司会者&歌手]
    〖 Ginza Red Oui Oui ギンザ・レッド・ウイ ウイ [1976.昭和51☆カネボウ化粧品1976春のキャンペーン テーマ曲] 〗
    〖 Dansez Maintenant ダンスはいかが? [1975.昭和50☆Moonlight Serenade ムーンライト セレナーデのカバー曲] 〗

  • 投稿者:(・_・✝️)オカルトさん(By.ss)

    (^_^☆)♪(=^ェ^=❇️)♪
    ■ Hamilton Bohannon ハミルトン ボハノン [USAジョージア州.1942年3/7生~2020年4/24に78才永眠☆ミュージシャン&プロデューサー&ドラマー&ボーカル&パーカッション☆リズム&ブルース.ディスコ&ファンク系]
    【 Foot Stompin Music すてきな デスコテック [1975.昭和50] 】

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (´Д`✨)♪(=^ェ^=✴️)♪
    ■ The Softones ソフトーンズ [USAボルチモア市の④人組.黒人ボーカル グループ]
    『 Hey There Lonely Girl [1975.昭和50] 』
    『 That Old Black Magic [1977.昭和52] 』

  • 投稿者:(・_・☪️)オカルトさん(By.ss)

    (・_・。)(=´▽`=)この歌も懐かしい♪
    ■ The Stylistics スタイリスティックス
    《 Sixteen Bars 16小節の恋 [1976.昭和51] 》

  • 投稿者:(・_・✝️)オカルトさん(By.ss)

    (°▽°)♪(´・ェ・`)♪
    ■ Johnny Bristol ジョニー ブリストル [USAノースカロライナ→ミシガン州.1939年2/3生~2004年3/21に65才没☆R&Bソウル&プロデューサー]
    〖 Do It To My Mind 愛にゆれて [1976.昭和51] 〗

  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (¶@_@)(¶ ゚ェ゚)†_(`O`♪)(=´Д`=¶)
    ■ The Poppy Family ポピー ファミリー [ Canada.バンクーバー市の男女④人組グループ☆ソフト ロック&サイケデリック系]
    【 Which Way You Goin’Billy? ビリーの別れ道 [1969.昭和44] 】

  • 1 2 3 70

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)