橋本マナミ、志村けんさん訃報に「叶わぬ約束になってしまい、本当に残念」

【モデルプレス=2020/03/30】新型コロナウイルスの陽性と診断され、入院していたお笑いタレントの志村けんさんが亡くなったことが30日、わかった。70歳だった。志村さんの訃報を受け、女優の橋本マナミが同日Instagramを更新し、コメントした。

【写真】志村けんさん、死去 新型コロナウイルスで闘病

志村さんとは、「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)をはじめ度々バラエティ番組で共演していた橋本。

橋本は「志村けんさんの訃報、未だに信じられない気持ちでいっぱいです」と心境を吐露し、「いつもニコニコされていて、美味しいお食事やお酒のことなどたくさん楽しいお話をしてくださいました」と回顧。

また共通の趣味である競馬の話をよくしていたそうで、「アルアインという馬が出馬して勝った時は“アイン”がきた!“アイン”がきた!と喜ばれている姿が印象的でした」と思い出を振り返った。

さらに、2019年に橋本が結婚を発表した際には「『おめでとう!やったね お幸せに。今度祝杯しましょう!』とメールをくださっていたのですが叶わぬ約束になってしまい、本当に残念です」と悲しみをあらわに。

最後に「バカ殿やだいじょぶだぁなどの番組で志村さんが活躍されている姿をもう観れないのかと思うとすごく寂しいですが、ご一緒させていただけた時間ずっと忘れません。本当に本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します」と結んでいる。

◆志村けんさん、死去

所属事務所は25日に志村さんが新型コロナウイルスで入院していることを発表していた。なお、葬儀は近親者のみで行うという。

志村さんは、1950年2月20日生まれの東京都出身。ザ・ドリフターズのメンバーであり、「だいじょうぶだぁ」や、腕を首の前で横に伸ばす「アイーン」ポーズなどで一世を風靡。

さらに「志村けんのバカ殿様」や「志村けんのだいじょうぶだぁ」など出演番組も多く、日本のお笑い界を牽引していた。

現在のレギュラー番組は「天才!志村どうぶつ園」や「志村でナイト」の2本。新型コロナウイルス感染の影響で、2020年12月公開予定の初主演映画「キネマの神様」を辞退していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

1+

externallink関連リンク

【写真】コロナ影響でライブ中止、航空会社の対応は?全日空が正式回答【写真】新型コロナウイルス影響でUSJの対応は?パークが正式回答【写真】志村けん&菅田将暉、ダブル主演で「キネマの神様」実写映画化
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)