原英莉花の早着替え!? 着替える速度もモデルみたい?【19年パンチショット総集編】

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が
多い現場記者。選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)こぼれ話をお届けしてきた“きょうのパンチショット”。その中でも人気をあつめたエピソードをご紹介。今回は第9位をご紹介。

8月の「ニトリレディス」に出場した際、紺のニットに白の模様が入った黒のスカートでスタートした原英莉花。

その姿を見たギャラリーから、思わずぽろっとこぼれた感想が聞こえてきた。「足は長いし、ウェアはパーリーゲイツだし、キャディバッグはミズノだし…木戸愛と似てるよね」。

そんな声を聞きながら記者がラウンドを見ていると、ハーフターンでクラブハウスに戻った原は後半からセットアップに変身。

この日は、ほとんどハーフターンでのインターバルはなかったはずなのに。ファッションショーのモデル並みの早着替えに、記者もびっくり。

「結構言われたんですけど…(笑)ニットを脱いだだけですよ」というのがタネあかしでした。

いわれてみれば、確かに同じ模様。でも、ニットを着るだけで全然印象が違う。これがいわゆる“着回しコーデ”ですね。勉強になります!

1+

externallink関連リンク

■原英莉花、早着替えのビフォーアフター ■河本結、野球スイングも一級品? ■原英莉花があのCMの裏話をお届け ■小祝さくらへの愛が止まらない淺井咲希 ■“シブコ節”VS“モモコ節” 大里桃子
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)