「乗りもの酔い」未経験は3割のみ どんなとき酔いやすいのか 対策は?

乗りもの酔いの経験や対策に関するアンケートを実施。7割が乗りもの酔いをしたことがあると回答しました。酔ったときの乗りものや状況をはじめ、乗りもの酔い対策についてもさまざまな回答が集まっています。

「乗りもの酔いをしたことがある」は7割

「乗りものニュース」では2020年3月24日(火)から25日(水)にかけて、乗りもの酔いの経験や対策に関するアンケートを実施。255人から回答が集まりました。

「乗りもの酔いをしたことがありますか?」の質問では、「ある」71.4%、「ない」28.6%でした。「ある」と答えた人への、酔ったときの乗りものや状況の質問では次のような回答が寄せられました。・台風の影響で大波の中の船。(40~44歳、男性)・ダイビングに行った際に船酔いをしました。(40~44歳、男性)・船。松山行フェリーの呉出港時の方向転換。(35~39歳、男性)・船。学生時代に乗船実習があり長時間の乗船に耐えられず。(55~59歳、男性)・自動車。本を読んでたら。(40~44歳、男性)・バス。徹夜明けに乗ったとき。(45~49歳、男性)・昔の観光バス。排気ガスの臭いが車内にこもって気分が悪くなった。(50~54歳、男性)・夜行バス。スマホをいじっているとよく酔う。一番酔ったのはテーマパーク帰りのバス。(20~24歳、女性)・10時間超の、海外旅行の帰りのフライト。行きは酔わなかったが帰りに酔った。(20~24歳、男性)・寝台列車で横になっていて酔った。(35~39歳、男性)・新幹線、スピードが速いと酔った。車両連結部の近くだと酔う。(35~39歳、女性)・レーシングカートで本気走りして酔った。(40~44歳、男性)

乗りもの酔い経験者がしている対策とは

 乗りもの酔いの経験がある人にその対策を質問したところ、次のような結果となっています(複数回答)。・酔い止め薬を飲む:45.6%・乗っているときは遠くを見る:27.5%・揺れにくい席や位置を選んで乗る:25.8%・乗っているときは寝る:20.9%・特に何もしない:20.3%・事前に十分な睡眠を取る:18.7%・リラックスできる服装で乗る:16.5%・乗っているときは換気をする:14.8%・エチケット袋を携帯する:13.2%・空腹での乗車を避ける:13.2%・満腹での乗車を避ける:13.2%・その他:14.8%「その他」は、「のど飴持参」(45~49歳、男性)、「紅生姜やガリを用意」(45~49歳、男性)、「梅ガム・カリカリ梅などの梅製品を食べる」(45~49歳、女性)、「できるだけ会話をする」(25~29歳、男性)、「自分が運転手になりきる」(50~54歳、男性)、「下を向かない」(45~49歳、男性)、「揺れに身を任せて楽な体勢になる」(55~59歳、男性)、「乗りものに酔う前に酒に酔う」(55~59歳、男性)などでした。●アンケート実施概要・調査期間:2020年3月24日(火)20時ごろから3月25日(水)20時ごろまで・調査方法:Questantのシステムを利用して調査・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど・有効回答数:255

0

externallink関連リンク

タクシー車内で吐くとどうなるのか 車両は営業できなくなることも… 弁償の必要あり? 暖房と乗りもの酔い、関係あった 冬の車内や機内、暖かすぎて酔うメカニズムとは 鍵はストレス? 子どもの乗りもの酔いを避けるには
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)