新型コロナで入院中の志村けん、菅田将暉とW主演映画「キネマの神様」出演辞退発表

【モデルプレス=2020/03/26】新型コロナウイルスで入院中のお笑いタレント・志村けんが、俳優の菅田将暉とW主演を務める予定だった松竹映画100周年記念作品映画「キネマの神様」への出演を辞退することがわかった。26日、所属事務所がコメントを発表した。

【写真】志村けんの“飲み仲間”千鳥・大悟の近況、博多大吉明かす

◆志村けん「キネマの神様」出演辞退発表

新型コロナウイルスの陽性と診断され、現在入院中の志村。株式会社イザワオフィス代表取締役社長の井澤健氏は、「今年70歳を迎えた志村にとって、本作品は人生で初の主演映画ということもあり、大きな勇気と強い意気込みで臨んでいました。それだけに、山田組の皆様にご心配とご迷惑をおかけする事になってしまい、志村も私共も、大変申し訳なく思っております。そこで此度、出演を辞退させて頂くことに致しました」と辞退の経緯を説明するとともに、心境を吐露。「作品のご成功を心よりお祈りすると共に、志村が病に勝ち、いつかまた山田組の皆様と一緒に撮影をさせて頂くことを願っております」と祈りを込めた。

また、松竹株式会社常務取締役映像本部長の大角正氏は、「出演ご辞退のお申し出を頂き、大変残念でなりません。しかしながら、治療に専念いただくことを山田監督ものぞんでおり、お申し出をお受けすることとさせて頂きました」とし、「山田組一同、いつかまた志村さんとご一緒できることを強く願っています。そしてなによりも、志村さんが一日も早くご回復されることを、心よりお祈り申し上げております」と志村の回復を願っている。

なお、新たな出演者や撮影スケジュールなどは、現時点で協議に至っていない。

◆志村けん、新型コロナウイルス陽性で入院中

25日、所属事務所を通して志村が新型コロナウイルスの陽性と診断され、入院中であることを発表された。

モデルプレスの取材に対し所属事務所は、病状を公表。新型コロナウイルス発症の経緯として、17日より倦怠感の症状があり、自宅で静養(発症日)。19日発熱・呼吸困難の症状が出現し、20日に医師の診断により都内の病院へ搬送されたという。その後、重度の肺炎と診断されたことから入院し、新型コロナウイルスへの感染が疑われたため検査を実施したところ、23日夜に陽性が確認された。

なお、「発症日の3月17日から、入院した3月20日までの間、本人は自宅で静養をしており、接触のあった人物も限られておりましたので、濃厚接触者の特定も既に完了し、対象者は自宅待機をしております」と説明。また、感染経路については現状不明だと言う。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

【写真】志村けん、インスタ不正ログイン被害 所属事務所がコメント【写真】志村けん、新型コロナウイルス陽性で入院中 所属事務所が発表【写真】志村けん&菅田将暉、ダブル主演で「キネマの神様」実写映画化 永野芽郁らも出演決定
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)