JR武蔵小杉駅 横須賀線下りホーム新設に着手 上りと分離し混雑緩和へ

既設ホームは上り専用に変わります。

 JR東日本横浜支社は2020年3月26日(木)、武蔵小杉駅の横須賀線下りホーム新設工事に着手すると発表しました。 抜本的な混雑緩和策として新たに設置される横須賀線の下りホームは、長さ311m(15両編成対応)、基本幅員約5mで、コンコースとはエレベーター1基、エスカレーター2基、階段2か所で結ばれます。 現在使われている横須賀線の上下線共用ホームは上り専用に変わり、現在の下り線側には柵が設置されます。 新下りホームは4月に着工し、2022年度末ごろに使用が始まる予定です。

0

externallink関連リンク

「ムサコ」ってどこ? 武蔵小金井、武蔵小杉、武蔵小山… 地元ではどう呼ばれるのか ふたつの直通線開業で相鉄は大変化 新駅「羽沢横浜国大駅」の可能性は? 「ダサい」とも言われるフォント「創英角ポップ体」 駅では効果的?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)