ANA 搭乗口まで一括経路案内するサービスを開始 他交通アクセス検索や運航情報も反映

羽田など大きな空港では、特に朗報かもしれません。

搭乗口変更などにも対応

 ANA(全日空)が2020年3月26日(木)、空港までと空港から先のルート検索がより便利になる「空港アクセスナビ」のサービスを開始すると発表しました。

 このサービスはANA公式アプリ、ならびにウェブサイト上(順次開始予定)で利用でき、空港まで、もしくは空港から先のアクセス検索が可能になったほか、対象便の運航情報、対象便が使用するターミナルや搭乗口、保安検査場などの情報を経路検索機能に統合。利用者自身でそれらの情報を確認することなく、簡単かつ正確、最適なルート検索ができるといいます。 また、搭乗口や出発、到着時刻の変更といった航空便の最新の運航情報も反映されるとのことです。 対象となるのは、ANA国内線運航便、ANA国内線で便名で運航される他社運航のコードシェア便、他社運航のコードシェア便を除いた、ANA国際線運航便(海外空港の空港アクセスは検索不可)の利用者です。 また、2020年4月1日(水)からは京成スカイライナーとの連携を始め、この乗車券を購入可能になる予定です。ANAは、今後もさまざまな地上交通機関との連携を拡大していくとしています。

0

externallink関連リンク

「ANA」の読み方は? 「エイ・エヌ・エー」「アナ」、正しいのはどっち? ひざ上8cm JALミニスカCA制服は「搭乗方法」も影響ありか? 当時の流行だけでなく ボーイング737、なぜ「タイヤむき出し」で空を飛ぶ? 離陸しても閉めるドアがない!
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)