ビルバオSD、ユーヴェFWイグアインの獲得を否定…純血主義を貫く

 アスレティック・ビルバオのスポーツディレクター(SD)を務めるラファエル・アルコルタ氏が、ユヴェントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについて語った。スペイン紙『マルカ』が4日に伝えている。

 アスレティック・ビルバオはクラブの方針として、スペインのバスク地方にルーツを持つ選手でチームを構成するという純血主義を貫いている。

 イグアインは1987年生まれの32歳。イグアインはフランスで生まれたものの、同選手の祖父はバスクにルーツがあることから、アスレティック・ビルバオ移籍の可能性が浮上していた。

 しかし、アルコルタ氏はクラブの方針について「ここで生まれた者、または育った場合のみだ」とコメント。イグアイン獲得の噂には「今は彼の祖父をカウントしていない。いつかそれが起きるかもしれないが、今の段階では起こらないだろう」と否定した。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)