名神「草津JCT」渋滞対策工事完了 新名神開通で混雑激化 ランプ2車線化で緩和へ

新名神の三重県区間開通で、渋滞が4倍に増加していました。

 NEXCO西日本は2020年2月27日(木)、名神高速の草津JCTで行っていた渋滞対策工事を完了し、2月29日(土)に供用すると発表しました。 草津JCTは名神に新名神が接続するJCTです。今回、名神上り線から新名神上り線へのランプウェー(Bランプ)が2車線化され、渋滞の解消が期待できるとしています。このランプウェーでは、2019年3月に新名神の三重県区間(新四日市JCT~亀山西JCT)が開通したことで、同年上半期は交通量が約8%増加、ここを先頭に名神へ伸びる渋滞の回数も、約4倍増加していたそうです。 もともと、このBランプは名神下り線から新名神上り線へのランプウェー(Dランプ)、および草津田上ICへ流出するランプウェーが近接しているため、安全対策としてBランプの車線を1本に絞っていたところ、これが渋滞の原因になっていたといいます。 そこで今回、Bランプ全線を2車線して交通容量を増やし、さらにBランプとDランプの合流点から草津田上IC流出ランプまでの延長を、従来より約80m長くしたとのこと。安全性を確保しつつ、スムーズな分合流が可能な構造になっているそうです。

0

externallink関連リンク

新名神「亀山西~大津」6車線化へ 全国16区間の4車線化も認可 国土交通省 日本一狭いPA? 立地も不思議な阪神高速のミニミニPA、なぜ造った 高速道路「泊まれるSA」なぜ増えた リフレッシュ施設充実 そもそも長時間いていいの?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)