“泣きっ面に蜂”…マンC、プレミアの勝ち点剥奪や4部降格の可能性が浮上

 UEFA(欧州サッカー連盟)主催大会への参加禁止処分を下されたマンチェスター・Cに、さらなる試練が待ち受けているかもしれない。イギリスメディア『インディペンデント』が14日に報じている。

 マンチェスター・Cは2012年から2016年にかけて、UEFAに提出した損益報告書におけるスポンサー収入の水増しなど、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を回避するための不正が発覚した。加えて、クラブがFFP違反に関しての調査に協力しなかったことも確認されており、2020-2021シーズンと2021-2022シーズンのUEFA主催大会出場禁止が決定していた。

 今回の報道によると、マンチェスター・Cはプレミアリーグからも処分を科されるかもしれない。プレミアリーグのライセンスを保有するクラブは、毎年“正しい”情報をリーグに提供することが義務付けられている。当然、それらの情報はUEFAに提供するものと一致していなければならない。しかし、マンチェスター・Cはスポンサー収入の水増しなどで「FFP規則の重大な違反を犯した」ため、プレミアリーグの規則にも抵触している可能性が高いという。

 同メディアは予想されるマンチェスター・Cへのペナルティとして、勝ち点剥奪を挙げている。また、最悪の場合はプレミアリーグのライセンスが剥奪される可能性もあるという。もしそうなった場合、EFL(イングリッシュ・フットボール・リーグ)の規則上4部からのスタートとなるようだ。

 マンチェスター・CはCAS(スポーツ仲裁裁判所)への控訴を予定しているため、今後処分が変わる可能性はある。しかし、現時点ではジョゼップ・グアルディオラ監督や主力選手の流出が取り沙汰されている。クラブにとっては“泣きっ面に蜂”の状況となってしまった。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)