松山英樹は42位T 単独首位はM・クーチャー、T・ウッズは17位T

<ジェネシス招待 初日◇13日◇リビエラCC(米カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

現地時間13日(木)に開幕した米国男子ツアー「ジェネシス招待」。初日を終えて、「64」をマークしたマット・クーチャー(米国)が7アンダー・単独首位に立った。

首位と3打差・2位タイにはイ・キョンフン(韓国)、ラッセル・ヘンリー、ウィンダム・クラーク、アダム・シェンク、ハロルド・バーナー三世(すべて米国)が、4打差・7位タイにはローリー・マキロイ(北アイルランド)ら10人が続いた。

松山英樹は3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「71」でホールアウト。イーブンパー・42位タイ発進となった。

そのほか、大会ホストのタイガー・ウッズ(米国)は1イーグル・2バーディ・2ボギーの「69」でラウンド。2アンダー・17位タイで初日を終えた。

0

externallink関連リンク

■ジェネシス招待 スコア速報 ■河本結 原英莉花が参戦 米国女子リーダーボード ■松山英樹、スリクソン『Z-FORGED PROTO』アイアンを再投入。「感触は変わらない」 ■アルバロ・キロスのドライバーショットがあわや直撃!?【石川遼の米国男子ツアー取材の思い出】 ■毎週更新!東京五輪 出場選手ランキング
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)