火葬場や児童相談所、障害者施設への建設反対運動から考える不寛容の正体

火葬場、ゴミ処理場、児童相談所、障害者施設などの建設反対運動。子供たちが遊ぶ声や除夜の鐘がうるさいなどのクレームなど、社会全体が自分本位で不寛容になってきていることを考えさせられる報道が目立つように思う。今の自分の生活さえ良ければいいというエゴイズムの根底には生と死の分離にあると考える。

■うちの裏庭にはやめてくれ NIMBY

2019年2月、東京都町田市で知的障害や精神障害のある人が暮らすグループホームの建設が始まると激しい反対運動が起きた。運営会社の担当者は住民らは「土地が汚れる」「犯罪者を住ませるのか」など「聞くに堪えない言葉ばかりで、理解を得るのは無理だと思った」と振り返る(朝日新聞デジタル(有料記事) 2020年1月9日より抜粋)。

2018年にも南青山で児童相談所の設立をめぐり騒動があった。表現は様々だが結局は自分たちは社会の底辺に生きる人たちと関わりを持ちたくないということである。
こうした建設反対運動の対象として昔からしばしば挙げられたのが火葬場・斎場、ゴミ処理場である。これに最近は保育園や児童相談所、障害者施設なども加えられたようだ。彼らは施設の公共的な必要性は認めつつ「なぜこんな住宅地の中心に建てるのか」という。これも本音は「なぜ我々の生活圏に建てるのか」と言いたいわけである。こうした態度は近年では「NIMBY」正確には「NIMBY症候群」と呼ぶ。NIMBYは、”Not In My Back Yard”(うちの裏庭にはやめてくれ)の略語である。

■不寛容を生み出す一つの原因は高齢化社会にある

社会学者 大澤真幸はNIMBYが増える原因は高齢化社会にあると指摘する。残りの人生がわずかな人にとっては、施設の恩恵を受けることは少ない。例えば保育園ができたところで自分とは関わりはなく、そうなると子供の遊ぶ声など雑音以外のなにものでもないということだ。

■死んだら無関係、今が大事という感覚が強すぎる

これを前段として大澤はカントの人間学を参考に、本来人間は「死後の生」「ヴァーチャルな生」を生きていると分析した。人間は誰しも仕事にしろ趣味にしろ、自分に利益をもたらし幸福にしてくれることになら努力を惜しまない。一方で、その成果を享受するのが自分ではなく後世の世代であることに対しても粛々と打ち込む面も持っている。これは「死後の生」、自分の死後も続く「ヴァーチャルな生」を生きているからだとする。多くの人間はオカルト的な死後の世界などとは別の意味で、漠然と「死後の生」を想定した「ヴァーチャルな生」を生きており「自分が存在しない世界」に自分を置いている。死んでも世界は終わらない。だからこそ後世の世代のために価値を見出せるのである。大澤はこの感覚が現代の日本人からなくなってきていると指摘した。

■墓や葬式なんてどうでもいいという人たちに共通する死んだら終わりという感覚

墓や葬式に無関心な人は自分が死んだ後のことなどどうでもいいという考えがあるようだ。確かに理屈では自分がいない世界を考えても意味はない。どんな墓を建てようとどんな葬式をしようと、死んでいる自分は全く関わっていないのだから。しかしほとんどの人間は自分が死んだ後のことを漠然と考えるものである。自分の死体をゴミ箱に捨てるのと墓に葬るの2択を迫られてて前者を選ぶ者は少ないだろう。大澤の指摘通り、我々は「自分が死んだ後の世界」という意味での死後の世界を意識している。つまりそれは死んでもなお世界と関わり合うという感覚ということだろう。

その感覚がなくなりつつあるということは、世界との関わりがなくなるということだ。自分が死んだ後のことなどどうでもいい。今、生きている自分の生活だけが大切だ。近所の子供の未来、すれ違う障害者の生活、死んで「モノ」になった死体の処理。いずれも関わる意味がないものだ。かくして自分に無関係(だと思いこんでいる)な存在への不寛容が生まれる。

■分離されすぎている生と死。死んでも終わりではない。

なぜ感覚を失うのか。現代の日本では死が切り離され、生と死が分離してしまったからではないだろうか。人間はいつかは死ぬ。だからこそ宗教が生まれ、神話が語られ、死者を弔い神仏を崇め祭りを行う神社仏閣が共同体の核になった。しかし現代の科学主義は非科学的な世界を否定し、生と死を分離した。死はすべての終わりであると科学に宣告された現代人はギリギリまで自分の生に執着するしかなく、死は敗北であり忌み嫌われるものになったのだ。

特定の地域を攻撃することになるので詳細は伏せるが、火葬場建設について「薄気味悪い」などとする声もあった。自分いつかもそこで家族と最後の別れを交わすという感覚がなく、死は薄気味悪いものになっているようである。核家族化の影響で、ある世代からは子供たちが葬儀や法事など、死に接する機会が少なくなった。これからの世代はさらにその傾向が強くなり生と死の分離は加速するだろう。そして、「死後の生」の感覚もなくなり、今の自分の生活だけしか考えない利己的な不寛容の時代が到来しつつある。

■「死」を取り戻す

自分だけの世界から外に目を向けてもらいたい。子供たちはかつての自分である。社会的弱者はそうであったかもしれず、これからそうなるかもしれない自分である。旅立つ人はいつか必ずそうなる自分の姿である。子供たちの健やかなる成長を見守り、社会的弱者を支え、旅立つ人を見送り弔うのが我々の務めである。そんな社会と関わり合う常識の根底にあるのが生とと共にある「死」であった。自分の「裏庭」しか見ていない「裏庭」さえ良ければいいという考えが正しいものとは思えない。我々は分離された「死」を取り戻さなければならないのではないだろうか。

■参考資料

■大澤真幸「『NIMBY』はどのように考察されるべきでしょうか」10+1 website

0

externallink関連リンク

家族葬に否定的なイメージがつきまとう理由とそれを押し広げる正体とは?死にはいろいろな死がある。日本人の感謝は人だけでなく死者やモノ、コト、空間にまで捧げる「死の世界」を遠ざけてきた現代神道の歴史と課題
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)