秋元議員を再逮捕へ=元政策秘書も在宅起訴方針―IR汚職・東京地検

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員秋元司容疑者(48)が逮捕容疑以外にも中国企業側から現金200万円などの賄賂の提供を受けた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は14日、収賄容疑で同容疑者を再逮捕する。特捜部は同日、現金や家族旅行費計約370万円相当の賄賂を受領した収賄罪で同容疑者を起訴する。元政策秘書(41)も「身分なき共犯」として在宅起訴する方針。
 関係者によると、秋元容疑者は2017年8月、中国企業「500ドットコム」側から「講演料」名目で現金200万円を受領したほか、同年12月に深センにあるドットコム本社を訪問した際の費用を同社側に負担させた疑いが持たれている。
 ドットコム社は17年8月4日に那覇市でIR関連シンポジウムを開催。秋元容疑者に講演を依頼したが、同容疑者がシンポ数日後にIR担当内閣府副大臣に就任することを知り、50万円の予定だった講演料を急きょ200万円に増額していた。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)