日本勢トップ3に変動なし 畑岡奈紗6位、渋野日向子11位、鈴木愛14位【女子世界ランキング】

最新の女子世界ランキングが13日に発表。日本勢トップ3で6位の畑岡奈紗、11位の渋野日向子、14位の鈴木愛に順位の変動はなかった。

各ツアーの試合がなかったため、大きな変化はないものの、米ツアーは今週開幕。8月の東京五輪出場権獲得に向けて、今後は大きな注目を集めることになりそうだ。

東京五輪出場に向けては同15位以内であれば、各国最大4人までが出場可能。逆に16位以下となった場合は、各国上位2人に入ることが必須。し烈な争いがいよいよ幕を開ける。

なお、1位はコ・ジンヨン(韓国)、2位にパク・ソンヒョン(韓国)、ネリー・コルダ(米国)が3位。日本勢は100位の原英莉花まで、トップ100に14人。米ツアーに挑戦する河本結は60位。今後の動向が気になるところだ。


externallink関連リンク

■最新の女子世界ランク ■東南アジア連戦から始動の渋野日向子 日本ツアーの出場義務はどうなっている? ■渋野日向子が目指す進化と問われる真価 五輪金メダルへ、2020年が幕開け ■“大志”を胸にいざ米国へ! 河本結が掲げた大目標「パッとクリアして、サッと帰りたい(笑)」 ■私たちも考えよう、ゴルフ界の共存共栄の道【舩越園子コラム】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)