英女王、王子夫妻「引退」に理解=移行期間で沈静化図る

 【ロンドン時事】エリザベス英女王(93)は13日、声明を出し、主要公務からの「引退」を表明したヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)の考えに理解を示し、新生活に向けて「移行期間」を与えたと発表した。夫妻をめぐる報道合戦が過熱する中、当面の「冷却期間」を置き、事態の沈静化を図ったとみられる。
 女王や王子らはこの日、東部ノーフォーク州サンドリンガムにある女王の邸宅で、顔を突き合わせて話し合った。王子本人のほか、王子の父チャールズ皇太子(71)、兄ウィリアム王子(37)らが参加した。
 声明は「王室の価値ある一員でありたいと願うと同時に、もっと自立したいと望む夫妻の考えを家族は尊重し理解する」と表明した。「移行期間」の間、夫妻は英国とカナダを往来して暮らす。
 新生活について「夫妻は公金に頼りたくないと意思を明確にしている」と声明は指摘した。ただ「引退」後の警備をはじめ財政面から指摘されてきた困難な問題をどう解決するのか具体的な記述はない。移行期間がどれくらいの長さになるのかも明示されていない。
 声明には「作業はまだある」と書かれている。協議を続け「数日中に最終的な結論を得たい」と女王の考えが示された。一方で夫妻について「フルタイムで活動する王族のままでいた方が望ましかった」とも言及し、未練ものぞかせた。 
〔写真説明〕エリザベス英女王=2018年11月、ロンドン(EPA時事)
〔写真説明〕ヘンリー英王子(右)とメーガン妃=2019年3月、ロンドン(AFP時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)