3人目で初の女の子!まさか“おじさんの声”だなんて!?【ほわわん娘絵日記 第32話】

みなさま、明けましておめでとうございます!!
今年も「ほわわん娘絵日記」をよろしくお願いいたします。

新年最初の記事です。
 
■女の子のイメージとは?

長女もも。上には長男たくと次男りくの二人のお兄ちゃんがいます。

お兄ちゃんたちを育ててるとき、友たちのお子さん(女の子)の声が高くてかわいくて!
「あー女の子ってやっぱり声が高いんだなぁ」って思ってました。

そして、3人目に長女もも誕生。
きっと高くてかわいらしい声なんだろうと思っていたのですが、現実はまったく違いました。
 
 
■女の子、男の子、想像とは違った現実

想像していた女の子の声と違った!

あれ? 誰このおじさん…。

以前にもご紹介しましたが、長女ももは声も大きかったんです!
なので、リビングには低くて大きなおじさんみたいな声が響いていました。

3人の兄妹のうち、一番声が高いのは次男のりくでした。

長女ももは成長するにつれて、だんだん高めの女の子っぽい声になりました。が、次男りくの声はあまり低くなっていません。なので、現在小学5年生りくと小学3年生ももの声はそっくりです。
「ままー」と呼ばれるとどっちが呼んでるかわからないほどです。

女の子だから…とか男の子だから…とかあんまり関係ないんだなぁとあらためて思いました。
 
 
■こどもの個性は人それぞれ

私自身、母から「女の子だから〇〇しなさい」のようなことを言われたことがありません。だから私も長女ももに「女の子だから」という発言はしてません。もちろん長男たく、次男りくにも「男の子だから」と言ったことはありません。

ももは強いです。逆に、りくはすぐ泣きます。
これも個性なんですよね。

時には予想通りだったり、時には全然想像とかけ離れてたり。
子育てって面白いものですよね!

「男だから」「女だから」と決めつけずに「その子の性格」と受けとめたいと思っています。

りくの泣き虫なところは心配ですが、子どもたちそれぞれの成長を見守っていきたいです。
 
 


externallink関連リンク

「女の子の赤ちゃん」は想像と違った!? わが家の自己紹介【ほわわん娘絵日記 第1話】初めてのつかまり立ちなのに…怖い怖い、何この衝撃の瞬間は!【ほわわん娘絵日記 第28話】停電で情報なし、夫も帰れない! 子どもと不安だらけの震災で助けられたのは【ほわわん娘絵日記 第29話】下の子のお昼寝ができない! 上の子が邪魔しちゃう微笑ましくも脱力なワケ【ほわわん娘絵日記 第30話】サンタさんへの手紙が、まさかの「脅迫状」!? この続き、どうなるの~【ほわわん娘絵日記 第31話】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)