第187話 医療機器市場の行方(2)日本の「逆転」はあるか?

株の神様の声が聞こえるというTさんは、定期的にその教えを受けています。神様とTさんは、駅前のカフェでコーヒーを飲みながら、前回に続き、医療機器の市場について話をしています。神様が医療機器市場における日本の企業に期待していることとは?


神様:政府は、国内の医療機器市場の成長はもちろんのこと、医療機器メーカーの海外進出の支援をしています。なぜ支援をしているのか?それは、政府が世界最先端の医療技術・サービスの実現を目指し、医療、医薬品、医療機器を戦略産業として育成し、日本産業の柱とする方針を立てているからです。

T:日本全体で医療分野に力を入れているのですね。

神様:海外支援を充実させているおかげで、2018年の医療機器輸出額は、前年比で7.9%増加したという厚生労働省の調査結果があります。でも、それだけでは、何かトピックスとして物足りないと思いませんか?

T:と言いますと?

神様:今後の日本の経済成長には、イノベーションが必要とされています。革新的な技術やサービスを生み出し、それを育て、日本経済を牽引する産業をつくり上げたい。ここはそのための環境をつくりたいところです。

T:医療機器の分野ですと、何があるのでしょうか?

神様:最近、外科手術などで「手術ロボット」が活躍しているのをご存知ですか?ロボットが自動で手術を行うわけではありません。正式には「ロボット支援下手術」と言います。内視鏡手術のように、体内にカメラを入れ、モニター越しに手術部位を見ながら、ロボットアームなどを動かして治療をします。一般の手術より体を傷つける範囲が少なく、患者にとっても負担が少ないのが特徴です。

T:ロボットを使って手術するとは、すごい時代になりましたね。そうか!ロボットと言えば日本も黙ってはいられませんね。

神様:そうありたいところですが、かつて日本のお家芸と言われたロボット分野も、最近は世界の中で地位が低下していると言われています。現在、手術支援ロボットで圧倒的なシェアを誇っているのは、アメリカの企業が開発した「da Vinci」(ダ・ヴィンチ)です。現在、世界各国では次のロボット開発・販売競争が過熱しているのです。

T:なるほど。国内の大手医療機器メーカーを中心に、現在どんな開発をしているのか、調べてみようと思います。また、ロボットとなると、医療機器メーカーだけではないかもしれませんね。

神様:今後はさらに、医療機器のICT化が進みます。ロボットだけでなく、AI、IoTやビッグデータの活用など、他産業との連携も進むでしょう。この分野の未来のイメージをしっかり見据えながら、注目していきたいですね。

Tさんは早速、手術用ロボットの開発状況について、日本企業の状況や世界的な動きについて、調べてみようと思いました。また、最先端の医療動向がどのように進歩していくか、ICT化の観点からも注視していこうと思いました。

(この項終わり。次回1/8掲載予定)

提供:いちよし証券
「兜のささやき」全話はこちら
○当記事は各種の信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保障するものではありません。
また、今後予告なく変更される場合があります。

商号等/いちよし証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第24号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)