【50歳からの「オトナの放課後」】(第2回)復活DISCOで見た「ワクワク」の意味合いとは?

ディスコ復活
人生100年時代を迎え、「シニア」のイメージが変わり始めています。これからシニアを迎える、1955(昭和30)年から新卒バブル入社組である1968(昭和43)年生まれの、バブル時代を経験した人たちのことを「ABS(アクティブ・バブル・シニア)世代」と提唱しているのは、元気シニア総研の鈴木準氏。ABS世代の特徴や生き方には、これからのシニアの生き方のヒントがあるかもしれません。

(第1回)元祖「JJガールやPOPEYE少年」もシニア予備軍!


なぜディスコは復活したのか?


第1回目のコラムで、ABS世代が受けた3大インパクトは、1975年創刊の雑誌「JJ」、1976年創刊の雑誌「POPEYE」、1978年公開の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」とお伝えしました。私(鈴木)が岐阜から上京したのは、昭和54年(1979年)ですので、ちょうどこのカルチャーが盛んな頃でした。

ただ、私の場合は地方出身の一人暮らし。アルバイトでお小遣いを稼いでいたので、思う存分遊べないまま就職して、不完全燃焼な思いがありました。地方から上京した方は、私の同様な方も多いのではと思います。

そんな私は、40歳を迎える2000年頃から遊びを復活しましたが、その当時にディスコカルチャーも、同じように復活し始めたのです。それ以来20年通っていますが、40代の頃はマニアしか集まっていなかった遊び場が、最近お客さんのすそ野が拡がっています。その大きな要因は、ライフステージの変化で時間に余裕ができたからです。特に女性は子育てが終わった方が多く、再びディスコに集まりだしたのです。しかし、それだけでこんなに人が集まるのか、仕事柄マーケターとして不思議に感じ、様々な人と対話をする人間観察を通じて、ニーズを把握したのです。
その結果わかったことは、ダンスや音楽を楽しみたいという人(マニア)は、私のような少数派で、多くのお客さんは、ディスコで「ワクワクしたい!」というニーズを満たすために来ているのです。


ワクワクすると老化の進行は遅くなる


炎天下の砂漠

ニーズとは「欲求」です。マーケティングセミナーで、「炎天下の砂漠をさまよう汗だくの男性がいます。さて、彼のニーズは?」と質問すると、ほとんどの人は「水」と答えます。しかし、この場合の答えは「一刻も早く喉の渇きを潤したい」が「ニーズ=欲求(目的)」であり、水は「ウォンツ=モノやコト(手段)」なのです。

マーケティングや広告の現場でよくある話は、ウォンツである商品の特徴を一方的に伝え、なかなか売れない結果を招くことです。ディスコの例であれば、お店の特徴を伝えて、「音楽を聴いて踊り、お酒を飲みませんか?」とメッセージを伝えても、心には響きません。「どんなニーズを持つ顧客に、どんな価値を伝えてハッピーにするのか?」を洞察し、顧客が得る価値を的確に伝えることが、マーケティングの真髄です。
ディスコに入ると当時の懐かしさを感じますが、それは最初だけ。「ワクワク感」がある時間と空間からは、「ハッピーホルモン」と言われているドーパミンが分泌されて心地良い気持ちになり、老化の進行を遅らせるのです。これは人生100年時代のライフスタイル学である、「ジェロントロジー(美齢学)」で論証されています。


好奇心を取り戻し「やりたいコト」が見つかるきっかけに!


ディスコ

私は周囲のABS世代の方にディスコの話をすると、女性陣は、「え、ディスコってまだあるの?行きたい!」と、好奇心旺盛で出かける方が多く、昔と何も変わっていない現実に驚き、今後の自分の可能性を感じて、ディスコ通いを復活する人や、それがきっかけで何か新しいコトを始める人は多くいます。一方で男性陣は、「え、今更ディスコに行くの??」と、男性ならではの「照れ」があり、なかなか行動を起こす人は少ないのですが、若い頃にディスコ体験をしている男性は、行くとやはり楽しく、何か新たな気づきはあるようです。

「サタデー・ナイト・フィーバー」公開から41年が経過した令和の今でも、ディスコには当時と同じ「ワクワク」する時間と空間があり、元祖JJガールやPOPEYE少年が、無邪気に楽しんでいます。

「仕事・子育て・親の介護・・」、オトナの人生は「やらなければならないコト」が多くありますが、50歳を過ぎたら、再び「やりたいコト」を行う、見つけることで、セカンドライフは大きく変わります。とは言え、日々の暮らしに変化がない、先が良く見えないと感じる方には、再びディスコに足を運び「タイムトリップ」することで童心と好奇心を取り戻し、新たな「何か」を発見するきっかけになるかもしれませんね。

【ABS世代(アクティブ・バブル・シニア)】
1955(昭和30)年から、新卒バブル入社組である1968(昭和43)年生まれで、若者カルチャーが拡がった70年代後半から、80年代バブル期の影響を受けている次世代シニア層。

【執筆者プロフィール】
鈴木 準(すずきじゅん)
一般社団法人日本元気シニア総研:ABS研究会主任研究員。株式会社ジェイ・ビーム代表。コラムニスト、マーケティングコンサルタント、ジェロントロジスト。
1960年生まれ。岐阜県岐阜市出身。㈱電通ワンダーマン(現:電通ダイレクトマーケティング)を経て、1998年にマーケティングコミュニケーションに関するコンサルティング、及びプランニングを事業領域とし独立開業。「株式会社ジェイ・ビーム」設立。
マーケティングの本質は「人を口説き・好きにさせて、好きになり続けてもらうこと」、そして「顧客をハッピーにする価値を与えること」と解釈している。そのためには、受け手のニーズ(本質的欲求)を捉え、ハートをキャッチするには、どうコミュニケーションを図るか。「人間観察」を通じた顧客視点で考えることを信条としている。
【著作物・その他】
共著書「広告ビジネス戦略(誠文堂新光社)」、その他一般紙・業界紙誌や、講演・セミナー・企業研修多数。
一般財団法人グローバルジェロントロジーセンター:美齢学指導員
一般社団法人日本元気シニア総研執行役:シニアビジネスアドバイザー
一般社団法人ジャパンEコマースコンサルタント協会:客員講師
インスタグラムアカウント(funkyjun_)
https://genkisenior.com/

0

externallinkコメント一覧

【50歳からの「オトナの放課後」】(第2回)復活DISCOで見た「ワクワク」の意味合いとは? へのコメント 84件 』

  • 投稿者:〆(=´∇`=✡️)オカルトさん(By.ss)

    (^∇^⌚️)♪~~ (=´▽`=⛱️)♪~~
    ■England Dan & John Ford Coley イングランドダン & ジョン フォードコーリー(USA Texas州ダラス市)→『Simone シーモンの涙』
    ■The Fortunes フォーチュンズ(英国バーミンガム市)→『Here Comes That Rainy Day Feeling Again 雨のフィーリング(1971年)』
    ■Dave,Dee,Dozy,Beaky,Mick & Tich (Dave Dee Group デイヴディー グループ(英国)→『The Legend Of Xanadu キサナドゥの伝説 (1968年)』
    ♦️この三曲も名曲で久々に思い出しました♪
    φ(^Д^⌛️) (=´∀`゚=⛱️)♪~~

    45+
  • 投稿者:φ(^Д^⌛️)オカルトさん(By.ss)

    φ(^∇^♪)~~ビートルズみたい♪
    ■The Rutles ラトルズ(英国ラトランド州)
    □『Good Times Roll (1978年・☆ビートルズのLucy In The Sky With Diamonds みたい(=^ェ^=♪)』
    □『Get Up And Go (1978年・☆Get Back(^∇^?)』
    □『Piggy In The Middle (1978年・☆I Am The Walrus に似ていると思いました(^o^♪)』
    □『Ouch! (1978年・☆Helpみたい(^∇^♪)』
    □『With A Girl Like You (1978年・If I Fell(・_・?)』
    □『Good Times Roll (1978年・Lucy In The Sky With Diamonds でしょうか(・_・?)』
    ♦️ラトルズというバンドは、元々コメディアンやアイドルや作詞作曲家達がグループを入れ替えながら活動していた。
    1975年のある日にBBC放送のビートルズをパロディ風にした番組で歌って注目され、米国や日本へもコンサートしている。
    ♦️ビートルズだけでなく他のバンドをヒントにした曲もあるが、他にも独自の名曲が数多くある。
    (✡️σ=^ェ^=)σ→『Unfinished Words(1978&1996年)』・『Back In ’64(1996年)』・『Questionnaire(1996)』
    ♦️(☂️´・_・) だが…ニール イネス(1944年12月9日生~)が、昨年末の2019年12月29日に75歳で亡くなり、他の旧メンバーや元メンバー達も既に永眠しているので、再結成は難しくなりました…(=´△`゚=✝️)

    23+
  • 投稿者:(´∇`☀️)オカルトさん(By.ss)

    55年前の曲だが良い感じがする…(´Д`☀️)♪~
    ■Gary Lewis & The Playboys ゲイリールイス&ザ・プレイボーイズ(USA)
    □Count Me In (1965年) □This Diamond Ring 恋のダイアモンドリング(1965) □Run For Your Life 浮気娘(1965)
    □Everybody Loves A Clown 涙のクラウン(1965)
    □She’s Just My Style あの娘のスタイル (1965)
    □Save Your Heart For Me 君のハートは僕のもの(1965)
    □Sure Gonna Miss Her ひとりぼっちの涙(1966年)
    (=´∀`=✡️)♪~ (=^ェ^=⛱️)♪~

    26+
  • 投稿者:(´・ω・`⌛️)(=´Д`゚=⛱️)オカルトさん(By.ss)&シシさん

    (´・ω・`♪)時々聴きたくなる…
    ■Elvis Aron Presley エルヴィス プレスリー(USA☆1935年1月8日生~1977年8月16日42歳没⭐️ロックンロール&ポップ&ロカビリー&カントリー&ゴスペル&ブルース)
    □Love Me Tender やさしく愛して(1956年)
    □Hound Dog(1956)□Don’t Be Cruel(1956)
    □Heartbreak Hotel(1956)
    □Jailhouse Rock 監獄ロック(1957)
    □It’s Now Or Never(1960) □Are You Lonesome Tonight? 今夜はひとりかい?(1960年)
    □Blue Hawaii(1961)□Can’t Help Falling In Love 好きにならずにいられない(1961) □Bridge Over Troubled Water 明日に架ける橋(1970)□Always On My Mind(1973年)
    (=´△`゚=)♪~~ (=´Д`゚=)♪~~

    22+
  • 投稿者:(´・ω・`⌛️)(=´Д`゚=⛱️)オカルトさん(By.ss)&シシさん

    (^∇^♪)(=^ェ^=♪)時々聴いています。
    ■Elton John エルトン ジョン(英国.1947年3月25日生72歳)
    『Your Song 僕の歌は君の歌(1970年)』
    『Goodbye Yellow Brick Road 黄昏のレンガ路(1972)』
    『Candle In The Wind 風の中の火のように(1973)』
    『Can You Feel The Love Tonight 愛を感じて(1944)』
    †_ヾ(=´▽`=☪️)♪~~

    25+
  • 投稿者:(´Д`⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (=´∀`=⛱️)♪~~ ボサノヴァを聴いていました。
    ■Bossa Rio ボサ リオ(ブラジル)→『Do You Know The Way To San Jose サン ホセ への道 (1968年)』
    ■Sergio Mendes & Brasil ’66 セルジオ メンデス & ブラジル ’66→『Mas Que Nada マシュ ケ ナダ(1966年)』・『Constant Rain Chove Chuva コンスタント レイン (1967年)』・『Night And Day (1967年)』・『For Me (1967年)』・『Pretty World (1969年)』 †_(`O`)♪ †(~O~)♪(=´▽`=☪️)

    41+
  • 投稿者:(´∀`゚☀️)オカルトさん(By.ss)

    (=´∇`゚=⌛️)♪~~懐かしい…。
    ■The Iveys アイビーズ(英国☆後のBadfinger)→『Maybe Tomorrow メイビー トゥモロウ (1968年)』
    ■The Grass Roots グラスルーツ (USA)→『Let’s Live For Today 今日を生きよう (1967年)』・『The Days Of Pearly Spencer パーリー スペンサーの日々 (1969年)』・『Sooner Or Later 恋はすばやく (1970年)』・『Temptation Eyes 燃ゆる瞳 (1970年)』・『Two Divided By Love 恋は二人のハーモニー (1971年)』
    †_(=´Д`=⛱️)♪~~

    61+
  • 投稿者:(≧∇≦☀️)オカルトさん(By.ss)

    ((=´∀`=☀️))♪~~素早い感じがいいですね。
    ■Lou Christie ルー クリスティ(アメリカ・1943年2月19日生~76歳)→『She Sold Me Magic 魔法 (1969年)』
    ■Chase チェイス(第1️⃣~3️⃣期メンバー交代で⑨人のグループ)→『Get It On 黒い炎 (1971年)』
    ♦️(☂️´・_・) だが…チェイスは良いバンドだったのに、1974年8月9日のツアー中に飛行機が墜落して、中心のビル チェイス(1934年10月20日生~1974年8月9日39歳没)と新メンバー三人含む計四人が亡くなる…。
    ちなみに残るメンバーはバスで移動して難を逃れるも、この影響でバンドは消滅してしまいました…(´△`゚☂️)

    61+
  • 投稿者:(´∀`⌚️)オカルトさん(By.ss)

    又、彼等の曲を聴いていました♪(≧∇≦☀️)
    ■The Osmonds オズモンドブラザーズ(オズモンズ☆USAユタ州)
    『He Ain’t Heavy He’s My Brother (1971年)』
    『YOYO (1972)』『Hold Her Tight (1972)』
    『In The Rest Of My Life (1972)』『Let Me In(1973)』
    『Are You Up There / I Believe (1973)』『Traffic In My Mind (1973)』『Love Me For A Reason (1974)』
    『The Proud One (1975)』『I’m Still Gonna Need You (1975年)』
    ♦️まだまだ有りましたが、この⑩曲は昔から聴いていました♪(^∇^☀️)
    ♦️(´・_・) ちなみにオズモンド兄弟は⑨人いますが、グループは⑤人です。
    □長男のジェイ(74歳)と次男トム(72歳)は難聴でした…長女マリー(60歳)と末っ子⑧男のジミー オズモンド(56歳)以外の、③~⑦男の五人が歌っていました。
    □③男のアラン(70歳)・④男のウェイン(68歳)・⑤男メリル(66歳☆中央のリードボーカル)・⑥男ジェイ(64歳)・⑦男ダニー(62歳)
    ♦️あの頃は、フィンガー5とかジャクソン5を聴く人達が多かったと思いますが、私は彼等自ら演奏するカントリー風&バラード風&POPS風&ロック風&サイケロックのオールラウンドミュージックが好きでした♪(=´▽`=⛱️)
    1970~74年頃は、よく来日してコンサート、テレビCM(カルピス)に出演していました♪(=^ェ^=⛱️)
    彼等も思い出しては今も来日しているそうです。

    76+
  • 投稿者:(・_・、⌛️)オカルトさん(By.ss)

    (´△`゚)…
    私の住む埼玉県毛呂山町の天気は⛅️1~14℃で綺麗な夕暮れを見たり、亡くなった父&母&息子&親友の為に御仏壇に饅頭、お花を生けて御祈りしていました。
    明日の天気1/10(金)の天気は⛅️1~12℃の予報です。
    (⌛️´・_・) 何となくYouTubeで、いつものロックでなくBallad バラード系をいろいろ聴いていました。
    ■Judy Collins ジュディ コリンズ→『Both Sides Now 青春の光と影 (1967年)』
    ■Eric Carmen エリック カルメン→『All By Myself オール バイ マイセルフ (1975年)』
    ■Dan Fogelberg ダン フォーゲルバーグ→『Longer ロンガー (1979年)』

    56+
  • 1 4 5 6 7 8 9

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)