南米2国に鉄鋼・アルミ関税=通貨安誘導と批判―トランプ米大統領表明

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課すとツイッターで表明した。両国が自国通貨を切り下げて対米輸出を有利にしていると主張。ドル高の流れに不満を訴え、米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)に対して改めて利下げを促した。
 トランプ氏は「直ちに(両国から)米国に輸入されるすべての鉄鋼とアルミに対する追加関税を再び導入する」と投稿。また、FRBに対して「多くの国が通貨切り下げによって米国を出し抜かないよう、同様に行動すべきだ」と強調し、ドル安を狙って「利下げと金融緩和をしろ!」と促した。
 トランプ氏は、追加関税による輸入制限や他国の通貨安の抑止で「米鉄鋼労働者と農家は幸せになる」と語り、来年の大統領選を前に支持者にアピールした。米中貿易戦争でブラジルやアルゼンチンに比べて米国産大豆や豚肉の輸出条件が悪化しており、挽回したい意向もあるとみられる。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)