流行語大賞「ワンチーム」=ラグビーW杯で列島熱狂―「令和」「タピる」も入選

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2019ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2日、東京都内で発表された。令和初となる年間大賞には、ラグビーワールドカップ(W杯)で史上初のベスト8進出を果たし、列島を熱狂の渦に巻き込んだ日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が選ばれた。
 表彰式に出席した日本ラグビー協会の森重隆会長は、日本でのW杯開催について「『一生に一度』がキャッチフレーズだったが、これだけ皆さんに喜んでいただけるなら、20年後、30年後にまたやりたい」と笑顔であいさつした。
 トップテンにはこのほか、新元号「令和」や消費税増税に伴い導入された「軽減税率」、タピオカ入りドリンクを飲む「タピる」などが入選。相次ぐ高齢ドライバーによる事故に関連した「免許返納」や、台風接近時に鉄道各社が実施した「計画運休」も選ばれた。
 お笑い芸人が反社会的勢力の会合に参加した問題で注目された、所属事務所を通さずに直接仕事を受ける「闇営業」も選出された。
 選考委員特別賞には、米大リーグ・マリナーズのイチローさん=本名鈴木一朗=が引退会見で語った「後悔などあろうはずがありません」が選ばれた。
 新語・流行語大賞は36回目。30語の候補の中から歌人の俵万智さんや漫画家のやくみつるさんら7人の選考委員がトップテンと年間大賞を選定した。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)