<中間速報>金谷拓実は首位と1打差で後半へ 松山英樹以来のアマVなるか

<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇17日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日が進行中。全選手が前半の競技を終えて、今季2勝目を狙うショーン・ノリス(南アフリカ)がトータル10アンダー・単独首位に立っている。

後続と1打差の首位でスタートした金谷拓実(東北福祉大3年)は、トータル9アンダー・2位でハーフターン。2011年の松山英樹以来となるアマチュア優勝をかけて最後の9ホールを戦う。

トータル7アンダー・3位にY・E・ヤン(韓国)。トータル6アンダー・4位タイに池田勇太、正岡竜二が続いている。


externallink関連リンク

■金谷拓実 成績&プロフィール ■歴代賞金王も絶賛! 金谷拓実の強さはどこにある? ■金谷拓実のドライバースイング【動画】 ■美人記者Aが金谷拓実の部屋に突撃! そこにあったものは… ■ボミが優勝争い! ホワイト&レッドのウェアで勝負【LIVEフォト】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)