T・ウィラチャンが独走態勢 深堀圭一郎は「73」で後退【富士フイルムシニア】

<富士フイルムシニアチャンピオンシップ 2日目◇8日◇江戸崎カントリー倶楽部(茨城県)◇7070ヤード・パー72>

国内シニアツアー「富士フイルムシニア」の2日目が終了。この日「64」と8つ伸ばしたタワン・ウィラチャン(タイ)がトータル12アンダー・単独首位に浮上した。

4打差2位にソク・ジョンユル(韓国)。6打差3位タイにプラヤド・マークセン(タイ)、昨年覇者のバリー・レーン(イングランド)が続いた。

単独首位でスタートしたシニアルーキーの深堀圭一郎は3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「73」と振るわず、トータル4アンダー・6位タイに後退している。


externallink関連リンク

■富士フイルムシニア 2日目の結果 ■富士フイルムシニア ホールバイホール ■今年の合格者は? LPGA最終プロテストの結果 ■鈴木愛がトップタイ TOTOジャパンクラシックの初日結果 ■HEIWA・PGM Championship 2日目の結果
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)