2階建てオープントップバスに「ハーフルーフ式」日本初導入 東京「スカイバス」で

シャシーはメルセデス、架装はスペインのUNVI!

 東京の定期観光バス「スカイバス東京」などを運営する日の丸自動車興業(東京都文京区)は2019年11月1日(金)、スカイバスの新型として「ハーフルーフ」タイプの車両を日本で初めて導入すると発表しました。11月から順次、営業運転を開始しる予定です。 スカイバスは従来、2階建てバスを改造した屋根なしのオープントップバスで運行されていますが、今回の車両は2階席の前方20席が屋根・空調付きとなっています。また、都市の道路環境を踏まえ、従来の全長12mから11m以内として小回り性能を重視したほか、1階席における車椅子の対応も可能にしたといいます。 ボディの製造はスペインのバス架装メーカー「UNVI」が担当。シャシー(足回りやエンジンなど)はダイムラーAG社製で、日本では数少ないメルセデス・ベンツ登録車両だそうです。ダイムラーと資本関係にある三菱ふそうからのサポートが受けられるほか、三菱ふそう観光バスである「エアロエース」と共通項目も多い事から、外国製車両でしばしば課題となる部品供給の障害も少なくなるとのこと。 なお車両デザインは、東京と京都で運用している訪日外国人客をターゲットとした「スカイホップバス」のものに準じており、将来的には、この両都市での運用を見込んでいるといいます。 日の丸自動車興行によると、ハーフルーフタイプの導入は、雨天時や猛暑時における利用動向を探り、今後の車両導入を検証する意味合いもあるとのこと。また今後、この車両と設計を共通化した2階席全体に屋根のないオープントップバスの新型車両も導入する予定だそうです。


externallink関連リンク

欧州製の新型2階建てバス、夜行高速バスに初投入 輸送力1.6倍 車内も「夜行仕様」(写真20枚) 夜行バスにトイレは必要か? あえて「トイレなし」にするバス会社も その理由とは 高速バス、本数が日本一多い路線はどこか 鉄道を圧倒する高頻度運行、その利用実態は
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)