独身時代との違いがこんなに… 子連れ里帰りで過酷だったこと【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.5】

独身時代や結婚後すぐの帰省は、ゆっくりお休みするためのものという感覚でした。

上げ膳据え膳で健康的な食事ができるのは本当にありがたかったです。掃除や洗濯も、帰省したときだけは親に甘えて、なんとも羽を伸ばさせてもらっていました。

@mikieohnuki

それが、出産後からはガラっと変わりました。

まず、子連れで遠征するときの大変さに突き当たりました。

私の実家は栃木県なので、それほど遠いというわけではありません。でも、近いようで遠いようなこの微妙な距離というのが意外とまた難しかったのです。以前は在来線で2時間くらいかけて帰っていたのですが、子どもができてからは、赤ちゃんが2時間耐えられるのか、新幹線にした方がいいのか、はたまた在来線の特急がいいのか…毎回毎回いろいろと想像力をはたらかせながら、いろんなことを調べつくし、帰省することになりました。

新幹線ってベビーカー置ける? 泣き止まなかったらどうしよう? 子連れの移動は心配ごとがたくさん
@mikieohnuki

やはり赤ちゃんのときは途中で泣いてしまうことも多いので、抱っこしたり車内を少し歩いてみたりと、体力的にも結構大変でした。

独身時代は、ただただ音楽を聴いていただけの車内が、こんなに過酷な戦いとなるとは…。

そして、いざ実家に到着すると、独身時代よりも手厚い歓迎を受け、いろんな親戚のところへ子どもを連れて行き、紹介して遊ばせることに。子どもは楽しさのあまりお昼寝をせず、結局泣いてしまったりぐずってしまったりとてんやわんやになり…。

挙句の果てに、いつもと違う場所なので場所見知りをしてしまい、夜、全然寝ない…!!

場所見知りしてしまい、なかなか寝付かない子ども
@mikieohnuki

帰省は、子どもも実家の両親や親せきも、みんなが楽しんでくれるので嬉しい気持ちはあります。でも、独身時代の帰省と子連れの帰省、全く別のものとして考えないといけないな、と最近は実感しております。

ただただ楽をさせてもらっていたのは独身時代まで! これからは、周りへの恩返しのつもりでみんなの楽しさを優先させていければと思います。

もうちょっと子どもが大きくなってきたら、今度はまた違った帰省になるのかな…? そんな将来のことを考えると、また楽しみでもあります!

帰省前より疲れて帰ってきました
@mikieohnuki


externallink関連リンク

憧れのアニメ飯! 我が家流、ズボラにおいしく改良してみました【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.3】【新連載】怒って後悔…私の限界超えエピソード! 息子のまさかの反応とは【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.1】絶対にできない…つわりの時に辛かった2つのこと【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.2】軽い胃腸炎? 甘くみていたら大惨事になった時のお話し【夫婦のじかん大貫ミキエの芸人育児日記 Vol.4】知らなかった…!痛すぎる母乳マッサージなど出産入院中の不思議なあれこれ【エイリアン育児日誌 Vol.2】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)