H100形電気式ディーゼルカー、函館本線「山線」に投入 キハ40形を置き換え JR北海道

計15両で営業運転を始める計画です。

 JR北海道は2019年9月11日(水)、H100形電気式ディーゼルカー「DECMO」の最初の投入線区が函館本線の長万部~小樽間(山線)に決定したと発表しました。 同社は製造から35年以上が経過し老朽化が進むキハ40形ディーゼルカーの置き換えを目的に、H100形を導入する計画です。愛称は「Diesel Electric Car with MOtors」(モーターで走る電気式ディーゼルカー)を略した「DECMO」(デクモ)です。ディーゼルエンジンの動力で発電した電力によりモーターを回し、走行します。 量産先行車2両を新製し、2018年2月から走行試験を実施。各種の検証を終え、量産車が2019年9月に6両、2020年1月に7両が落成します。2020年春に量産先行車と量産車計15両で営業運転を始める予定です。函館本線の長万部~小樽間で運行されるワンマン普通列車が、H100形に置き換わります。 さらに今後、2020~2021年度にかけてH100形が60両導入され、老朽化が進む従来車両の置き換えが進められます。


externallink関連リンク

全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ 理由は「高性能すぎる」 新型車両開発中止 となりの駅まで列車で最短38分 離れすぎの2駅、その事情
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)