「春水堂(チュンスイタン)」広島初出店、真っ赤なベリータピオカ限定登場

【女子旅プレス=2019/09/12】タピオカミルクティー発祥の店として人気を集める台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」は、2019年10月2日(水)に、中四国初出店となる「春水堂ekie広島店」をオープン。オープンを記念して開発した「タピオカトリプルベリージャスミンティー」が同店舗限定で登場する。

【さらに写真を見る】マロンや柚子使用の秋冬限定フード&ドリンクも続々

◆広島駅直結で立ち寄りやすい好立地「春水堂ekie広島店」

広島駅北口1階「ekie KITCHEN」内に位置する「春水堂ekie広島店」は、駅からエスカレーターで直結の1階に位置し、「マツダスタジアム」まで徒歩15分。地上で外にも面しているアクセス良好な立地で、新幹線利用客から地元客まで幅広く利用しやすいロケーションだ。

注文ごとに淹れるドリンクは、香り高いお茶ともちもちのタピオカのハーモニーが絶妙な「タピオカミルクティー」のほか、鉄観音ラテやタピオカ抹茶ミルクなど30種類以上のティードリンクを用意。

また台湾スイーツの「豆花(トウファ)」、台湾のローカルヌードル「牛肉麺」、点心などが勢揃いしており、ランチやディナー時に食事も楽しめる。

◆「春水堂ekie広島店」限定!真っ赤な“ベリータピオカ”

同店舗限定メニューとなる、「タピオカトリプルベリージャスミンティー」は、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリーと3種の赤いベリーの果実を用いて開発した情熱的な赤いタピオカティードリンク。

ジャスミンティーと甘酸っぱいミックスベリーのソースの爽やかな味わいが楽しめる一杯に仕上がっている。

◆「春水堂」とは

1983年に台湾で創業した「春水堂」は台湾全土で50店舗を展開し、国民的な人気を誇るお茶専門カフェ。ドリンクはすべて無添加・香料不使用で、オーダーを受けてから1杯ずつ丁寧に作られるためフレッシュな美味しさを楽しめる。

タピオカミルクティー、鉄観音ラテなどバラエティ豊かなオリジナルドリンクに加え、一部店舗では、ヌードルやスイーツなどの台湾フードも取り揃えている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■『春水堂ekie広島店』店舗情報

住所:広島市南区松原町1-2

営業時間:10:00~21:00(フードL.O 20:30 ドリンクL.O 20:45)

電話番号:082-569-9808

席数:24席・テイクアウト可(約24坪)

定休日:館に準ずる

【Not Sponsored 記事】


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)