【MLB】大谷翔平、メジャー通算40号は自己最速の打球速度183キロ弾! 第3打席で4試合ぶり18号

■4試合ぶり18号ソロは打球速度114マイル(約183キロ)で右翼席へ弾丸ライナーで飛び込む

■エンゼルス – インディアンス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」で5試合連続スタメン出場。第3打席で4試合17打席ぶりとなる18号ホームランを放った。メジャー通算40号となる一発は打球速度は114マイル(約183キロ)をマークし移籍後、自己最速弾となった。

 規格外の一発だった。大谷は3点を追う5回。1死走者なしから84.2マイル(約136キロ)のスライダーを完璧に捉えると打球は一直線で右翼席に飛び込んだ。

 4試合ぶりの一発は打球速度114マイル(約183キロ)をマークする痛烈な一発。183キロのアーチはメジャー移籍後、自己最速弾となった。

 MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」のデビッド・アドラー記者は「オオタニの114.4マイルの本塁打は彼のMLBキャリアで最速」と速報している。瞬く間に飛び込んだ驚愕の一発に球場は一時、騒然としていた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【動画】大谷が放った弾丸ライナーは瞬く間に右翼席へ飛び込む驚愕の一発、打球速度は自己最速の183キロをマークまた「大谷伝説」…打撃練習で183M弾!? 本拠スコアボード直撃に記者唖然大谷翔平の“優しい行動”を米記者紹介 ハイタッチを“スルー”された同僚に…
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)