【MLB】大谷翔平、第2打席は痛烈ライナーも好守に阻まれ右直 第1打席は3球三振

■初回の第1打席はタイミングが合わず3球三振

■エンゼルス – インディアンス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」で6試合連続スタメン出場。第2打席は強烈なライナーも好守に阻まれ右直に倒れた。

 大谷は1点を追う初回。1死一塁で第1打席を迎えると2ストライクからの3球目、90.9マイル(約146キロ)高めの直球にバットを空を切り三振に倒れた。

 3点を追う2回2死一、二塁の好機で第2打席を迎えると1ストライクからの2球目を叩いた打球は右翼への強烈なライナーとなったが好守に阻まれ右直となった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

大谷から受けた“衝撃”―トラウトが米メディアに語る「信じられないと思った」大谷翔平は「誰も真似できない逸材」 通算354盗塁のアストロズ三塁コーチが絶賛衝撃の“大谷だらけ”Tシャツ 斬新過ぎデザインにファン「こんなのどこで着る?」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)