【MLB】大谷翔平、「3番・DH」でスタメン出場 11打席ぶりの安打、4試合ぶりのアーチに期待

■相手先発は今季6勝4敗、防御率4.44の成績を残す右腕アダム・プルッコ

■エンゼルス – インディアンス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」でスタメン出場する。11打席ぶりの安打、そして4試合15打席ぶりとなる18号が飛び出すのか注目が集まる。

 相手先発は右腕アダム・プルッコ。今季17試合に登板し6勝4敗、防御率4.44の成績を残しており大谷は8月3日に初対戦。3打数1安打(左翼線二塁打)だった。

 大谷は前日の同戦では2打数無安打1四球に終わるなど、ここまで10打席連続無安打。今季は105試合に出場し打率.288、17本塁打61打点12盗塁の成績を残している。11打席ぶりの安打、4試合15打席ぶりとなる18号本塁打に期待がかかる。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

大谷翔平は「誰も真似できない逸材」 通算354盗塁のアストロズ三塁コーチが絶賛大谷から受けた“衝撃”―トラウトが米メディアに語る「信じられないと思った」大谷翔平に感謝―98年ぶり快挙の“二刀流右腕”「間違いなく彼が可能にした」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)