ロッテ、台風の被災者に贈る1勝 井口監督「勝利が勇気にもなると思っています」

■2回、3回とマーティンが2打席連発、小島は3勝目

■ロッテ 6-4 オリックス(11日・ZOZOマリン)

 ロッテは11日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦し、6-4で勝利し3連勝とした。3点を先制された直後の2回、マーティンの2試合連続13号2ランを含む、6安打4得点で逆転に成功。さらに3回、マーティンの2打席連続14号ソロなどで追加点を挙げて勝ち、貯金を今季初の3とした。

 2回に3点を先制されたものの、直後にオリックス先発・張奕から、マーティンの13号2ランなど6安打を集中して4点を奪って逆転に成功。3回にはマーティンの2打席連発となる14号ソロで追加点を奪った。先発・小島は3回以降、変化球を主体とする投球に切り替えてオリックス打線を翻弄。7回5安打3失点の好投で3勝目。8回からは東妻、益田と繋いで逃げ切った。

 9日に関東地方を直撃した台風15号により、今も県内では復旧作業が続いており、井口監督も「なんとか良い形でマリーンズの勝利を届けたい」と必勝を期してこの試合に臨んだ。数奇な巡り合わせか、この日は千葉ユニホーム着用試合だった。

 井口監督は「まだ停電や断水している地域もあると聞いています。そういう中で千葉ユニホームで勝ったことは大きいと思いますし、マリーンズの勝利が被災された方への勇気にもなると思っています。1日も早い復旧を願う中、千葉ユニホームで試合をさせてもらって、勝利を届けられて良かったと思います」と話した。

 この日の勝利で今季初の貯金3。休みを挟んで、13日からは、首位に立った西武との4連戦(メットライフ)を迎える。「そこに向けていい形で来ていると思います。4連戦、なんとか勝ち越して、マリンに帰って来たいと思います」。残り10試合で4位楽天と1ゲーム差の3位のロッテ。負けられない戦いはまだまだ続く。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


externallink関連リンク

11年目でプロ初完封のロッテ西野、なぜ先発転向? 吉井コーチが語る適性とはロッテ新守護神候補が日本球界に“惚れ惚れ”「今まで経験した何よりも優る」ロッテ、誰からも愛されるアナウンス谷保さん 「こんなに幸せを感じた日はありません」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)