新型iPhone、カメラ進化=7万4800円から-米アップル

 【シリコンバレー時事】米アップルは10日、カリフォルニア州の本社で発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「11」を披露した。カメラ機能を進化させたのが最大の特長で、今月13日に予約の受け付けを始め、20日に発売する。動画やゲームの配信サービスの開始時期や価格も公表した。
 二つのカメラ搭載した標準モデルは、従来の4倍の超広角に対応したほか、薄暗い場所でも自動的に適度な明るさの写真を撮影できる。6.1インチの液晶ディスプレーを採用し、日本での価格は7万4800円からに設定。現行機種「XR(テンアール)」の発売時に比べて1万円安くした。
 上位機種の「Pro(プロ)」(画面サイズ5・8インチ)と大画面の「Pro Max(マックス)」(同6.5インチ)は、背面に三つのカメラを搭載し、望遠にも対応。動画の撮影や編集機能も向上させた。価格は10万6800円から。
 3月に参入を表明した動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」は、11月1日に開始する。月額600円だが、アイフォーンなどの新製品を購入すると1年間は無料になる。クック最高経営責任者(CEO)は発表会で「オリジナルの作品を毎月加える」と語った。 
〔写真説明〕スマートフォンの新モデル「iPhone(アイフォーン)11」を発表する米アップルのクック最高経営責任者(CEO)=10日、カリフォルニア州クパチーノの同社本社
〔写真説明〕新型「iPhone(アイフォーン)11」を発表する米アップルのクック最高経営責任者(CEO)。背景は上位機種の背面に搭載されている三つのカメラ=10日、カリフォルニア州クパチーノの同社本社


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)