永楽館歌舞伎、ゆかりの武将が主人公=兵庫県豊岡市

 人気歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(47)を迎えて、近畿最古の芝居小屋・出石永楽館(兵庫県豊岡市)で行われる毎年恒例の永楽館歌舞伎。12回目の今年は11月4~10日に、出石藩ゆかりの武将、仙石権兵衛が主人公の新作歌舞伎「道成寺再鐘供養 仙石権兵衛出世噺(どうじょうじごにちのかねくよう せんごくごんべえしゅっせばなし)」など2演目を上演する。
 仙石権兵衛は、但馬出石藩仙石家の祖となった戦国武将で、豊臣秀吉の配下として活躍した。今回の歌舞伎では、僧安珍に裏切られた清姫が、道成寺の釣り鐘ごと安珍を焼き殺したという「安珍・清姫伝説」の釣り鐘と、紀州(和歌山県)に攻め入った仙石権兵衛の不思議な縁を軸に展開する。
 開幕前日の11月3日には、出石お城まつりの会場で、お練りも行われる。愛之助さんは大阪市内で記者会見し、「毎回『お帰り、お帰り』と言ってくださるのがうれしい」とお練りを楽しみにしていた。【もぎたて便】

〔写真説明〕永楽館歌舞伎に主演する片岡愛之助さん=大阪市のホテル日航大阪


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)