台風15号、首都圏直撃=記録的暴風、2人死亡-交通乱れ、93万戸停電

 強い台風15号は9日未明に東京湾を北上して午前5時前に千葉市付近に上陸し、同8時には茨城県沖に抜けた。関東に上陸した台風では最強級で、記録的な暴風が吹き、非常に激しい雨が降る所があった。首都圏では屋根の飛散や工事用足場の崩落、車の横転、道路の冠水などが発生。在来線は始発から運転見合わせが相次ぎ、通勤・通学の足に影響が出た。
 東京都世田谷区では、強風にあおられた50代女性が建物にぶつかり死亡したほか、千葉県大多喜町で80代男性が倒木の下敷きになり死亡。千葉県市原市では暴風でゴルフ練習場のポールが倒れ、20代女性が重傷を負った。総務省消防庁の9日午後のまとめでは、埼玉県でも1人が重傷。軽傷は関東と静岡県で29人に上り、程度不明の負傷者も1人いた。住宅被害は半壊が2棟、一部破損が130棟だった。
 東京電力によると、千葉県や神奈川県を中心に9日午前、最大約93万戸が停電した。千葉県君津市で送電線の鉄塔が倒れるなどしており、同日中の全面復旧は不可能という。
 文部科学省によると、福島、神奈川など10都県で国公立の小中学校など約2150校が休校した。
 気象庁によると、最大瞬間風速は千葉市中央区で9日午前4時半ごろに57.5メートル、東京都大田区の羽田空港で同3時25分すぎに43.2メートルを観測し、各地点の記録を更新した。1時間雨量は静岡県伊豆市の天城山で同0時半ごろまでに109.0ミリを観測して最多記録を更新したほか、横浜市中区で同3時50分まで、東京都江戸川区では同4時半ごろまでにそれぞれ72.0ミリを観測した。
 15号は9日午後3時には福島県いわき市の東約140キロの海上を時速30キロで北東へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は35メートル。10日も北東へ遠ざかり、11日には温帯低気圧に変わる見込み。 
〔写真説明〕台風15号の影響で、住宅街に覆いかぶさるように倒れたゴルフ練習場のポールとネット=9日午後、千葉県市原市(時事通信ヘリより)
〔写真説明〕台風15号の影響で倒れた鉄塔(左手前)=9日午後、千葉県君津市(時事通信ヘリより)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)