私の将来の夢は…。父親の顔色ばかりうかがっていた私が口にしたのは【あさひが丘の人々 第14話】

平成が終わり、令和時代が幕を開けた2019年。日本のどこかにあるベッドタウン「あさひが丘」を舞台にくり広げられる、3人のママたちの日常ストーリー。
前回からのあらすじ
「こういうとき、母親だな私、と思う…」自分のから揚げまで当然のように家族に分けてあげる山岸みさ。そして食後のだんらんが始まります。
■第14話 将来の夢

「将来の夢は、お母さんになること」そう口にしたあの日から、私の夢はそういうことになっていた、はず。

(次回は8月26日更新です)


externallink関連リンク

過激な発言も!? 大人びているのとはちょっと違うわが子の恋バナ【ズボラ母のゆるゆる育児 第24話】「認可外保育園」のイメージが変わった!? 預けてみて感じたメリット・デメリット【2人目妊婦は楽じゃない! 第14話】3人目の子どもはとくにかわいい!? 産んでみてわかったその理由【ほわわん娘絵日記 第23話】少しの手間を加えるだけ! 「子ども弁当」を無理なくつくる3つのコツ【うちのひと観察記。 第19話】採卵が終わっても安心できない…不安とドキドキがつのる体外受精の長い道のり【母で主婦で時々オタクの日々 第18話】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)