夏季制服が刺繍入りボタンダウンシャツに! 国体や五輪見据え一新 関東鉄道

関東鉄道・関鉄観光バス・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス現業員の夏季の制服が、26年ぶりにリニューアル。第74回国民体育大会や東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えたものです。

鉄道・バスともに変わる

 茨城県内で鉄道やバスなどを運行する関東鉄道は2019年8月9日(金)、関東鉄道・関鉄観光バス・関鉄パープルバス・関鉄グリーンバス現業員の夏季の制服を、16日(金)にリニューアルすると発表しました。

 9月と10月に茨城県で開催される第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」「いきいき茨城ゆめ大会2019」と、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を機に、来県者を新制服で迎えようと、現業員の制服デザインを一新するとのこと。制服のリニューアルは、1993(平成5)年以来、26年ぶりといいます。 新制服のデザインは、白地にブルーとグレーの柄のボタンダウンシャツ。左上腕部に社名ロゴが刺繍されています。素材は通気性の高い形態安定加工の生地を使用し、襟裏には汗染み防止加工が施されています。 2019年の着用期間は、10月15日(火)までです。


externallink関連リンク

電車を使えるのに使わない鉄道会社 その理由とは 印字も読めないボロボロのICカード乗車券、きれいになる? 隣の駅までわずか200m! 「日本一短い駅間」なぜ生まれた? 国道も関係
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)