巨人、菅野8回1失点の好投で6試合43日ぶり9勝目! 広島は2カード連続負け越し

■同点の7回に坂本勇のタイムリーで勝ち越し

■巨人 7-1 広島(14日・マツダスタジアム)

 巨人は14日、敵地マツダスタジアムでの広島戦を7-1で勝利し2カード連続の勝ち越しを決めた。先発の菅野が8回5安打1失点の好投で9勝目。7月2日対中日戦以来、6試合43日ぶりの白星を手にした。

 巨人は同点の7回に無死一塁から坂本勇のタイムリー二塁打、さらに1死三塁から岡本の左前適時打でこの回2点を奪い勝ち越しに成功。8回には1死二、三塁から菅野の遊ゴロの間に1点を奪いリードを広げた。

 投げては先発の菅野が8回5安打6奪三振1失点の好投で9勝目。菅野の勝利は7月2日対中日戦以来、6試合43日ぶりだった。広島は先発の野村が6回1/3、8安打3失点で4敗目。チームは2カード連続負け越しとなった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

マリナーズGM、巨人坂本勇人に注目「凄まじいポテンシャルがあった」巨人から「ビックリ」4位指名 大阪桐蔭の“未完の大器”がプロ入りに賭けた理由広島はなぜ交流戦で苦しんだか? 専門家が分析、あまりに大きかったキーマン2人の不調
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)