日ハム清宮、2戦連続4番スタメンも屈辱…8回絶好機で代打を送られる

■4点を追う8回2死満塁で代打に横尾も空振り三振

■日本ハム – ロッテ(14日・東京ドーム)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は14日、ロッテ戦で「4番・一塁」で先発出場。4点を追う8回2死満塁の絶好機で代打・横尾を送られた。

 4-8で迎えた8回2死満塁。ネクストで控えていた清宮が首脳陣から呼び止められた。左腕・松永に対し、代打・横尾を送られた。ドーム内がどよめく中、高卒2年目は唇を噛んでベンチへ引き上げた。

 4番として2試合連続スタメン出場だった。初回1死一、二塁、3回2死二塁と2打席連続空振り三振に倒れたが、6回1死で四球、7回2死一塁では3試合連続安打となる右前打を放っていた。

 代打・横尾は空振り三振に倒れた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

ハム清宮、栗山監督の“辛口エール”に4番の誓い「中田さんの代わり以上の働きを」日ハム栗山監督、ドラ4万波への期待は? 「あの笑顔だろ。野球を楽しそうに…」日ハム栗山監督、ドラ1吉田輝の83日ぶり1軍登板に「何をしてくれるか見たい」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)