西武、山川34号逆転2ランで怒涛の5連勝、貯金今季最多「6」! オリ5点リード守れず4連敗

■1点を追う8回に山川が逆転の34号2ランで試合を決める

■西武 8-7 オリックス(14日・メットライフ)

 西武は14日、本拠地メットライフドームでのオリックス戦を8-7で勝利し5連勝を飾った。貯金は今季最多の「6」。1点を追う8回に山川が34号2ランを放ち逆転に成功した。

 初回にオリックスが1死から西野、吉田正、ロメロら5連打を含む打者一巡の猛攻で一挙5点を奪い先制。だが、4点を追う3回には木村の8号ソロ、森、栗山、外崎、メヒアのタイムリーが飛び出し打者一巡の猛攻で一挙5点を奪い逆転に成功した。

 それでも、直後の4回。オリックスは1死二塁から吉田正の右前適時打で同点に追いつくと、一、二塁からモヤの二塁へのゴロを外崎が後逸。これが適時失策となり再逆転。終盤の8回に西武は無死一塁から山川が左翼席へ34号2ランを放ち逆転に成功した。

 西武はシーソーゲームを制し5連勝をマーク。一方、オリックスは5点リードを守れず4連敗となった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

西武辻監督とオリ西村監督が“和解” 前日大乱闘に「お互いにお詫びをした」西武-オリで大乱闘&3人退場 西村監督「当てられすぎ」、辻監督「4つも当てて…」西武森脇の死球から大乱闘 胸を小突かれるも「当ててしまったのは自分なので…」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)