大型台風10号、接近・上陸へ=あす、西日本縦断-大雨暴風高波に厳重警戒・気象庁

 大型の台風10号は14日午前、九州の南東海上を北上した。15日午前に九州や四国に接近後、上陸して西日本を縦断し、同日夜には日本海へ抜ける見込み。気象庁は西・東日本の太平洋側を中心に大雨や暴風、高波に厳重に警戒し、落雷や突風に注意するよう呼び掛けた。
 10号は強風域がやや狭くなり、超大型ではなくなったが、動きが遅く、総雨量が多い所で1200ミリを超える可能性がある。土砂災害や河川の氾濫、浸水が起きる恐れがあり、市町村の避難指示・勧告などに注意が必要。西日本沿岸では15日に高潮にも警戒が必要という。
 10号は14日午前11時、鹿児島県・種子島の南東約270キロの海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートル。半径240キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径600キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 15日正午までの24時間予想雨量は多い所で、四国900ミリ、東海600ミリ、近畿と九州500ミリ、奄美150ミリ、関東甲信120ミリ。その後、16日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海600~800ミリ、近畿と四国400~600ミリ、関東甲信と北陸、中国、九州北部200~300ミリ、九州南部100~150ミリ。
 15日にかけて予想される最大瞬間風速は、四国45メートル、九州40メートル、東海と北陸、近畿、中国、奄美35メートル。波の高さは四国10メートル、東海と近畿、九州9メートル、伊豆諸島と奄美、沖縄6メートル、関東と小笠原諸島、中国5メートルの見込み。 


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)