日ハム栗山監督、初4番・清宮に辛口エール「毎日4本塁打を打てば勝てるんだから」

■清宮は初の4番先発で3打数1安打1死球

■ロッテ 6-1 日本ハム(13日・東京ドーム)

 日本ハムは13日、東京ドームで行われたロッテ戦で1-6で敗れ、今季ワースト7連敗を喫した。栗山英樹監督は「みんなで一生懸命やってもらうしかないので」と厳しい表情で振り返った。

 主砲の中田が右手母指球部挫傷で2年ぶりに出場選手登録抹消。栗山監督は清宮をプロ初めて4番先発起用した。高卒2年目の大砲は初回2死三塁の押し出し死球で渡邉の先制打を演出。4回先頭では4番初安打となる左前打を放ち、3打数1安打1死球だった。

 栗山監督は「これも何かのメッセージだから。やるしかねぇ。試合前にいろんなことを話したけど……。(4番の)座りもクソもない。(試合前に)チームを勝たせなさいと伝えた。勝てなかったんだからうまくいかなかったということだから。そう本人が毎日思わなきゃダメだよね。悔しくて悔しくて一生懸命で努力して、足りないものを自分で得て、前に進むしかない。自分が毎日4本塁打を打てば勝つんだから」と厳しい言葉を並べた。

 4番・清宮は「今の状況を考えたら何の疑問もなく。昨日から決めていた」という。今後の4番起用については「それは何も考えていない。オレの中でやるべきことをしっかりやるだけなので」と話すにとどめた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

日ハム中田、右手痛で2年ぶり抹消 栗山監督「満身創痍のところはある」なぜ日本ハム主力はFA移籍するのか日ハムのキーマンは“意外”な選手? 「攻守で非常にポテンシャルが高い」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)