【MLB】世界最速左腕チャップマンVS怪物ゲレーロJr.の白熱13球にファン興奮「すごいバトル」

■チャップマンはゲレーロJr.と初対決 遊ゴロ併殺打に打ち取る

■ヤンキース 1-0 ブルージェイズ(日本時間12日・トロント)

 ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手は11日(日本時間12日)、敵地ブルージェイズ戦で9回無死一塁から2番手として救援。今夏のホームランダービーで準優勝に終わったものの、史上最多91本塁打を放ったブラディミール・ゲレーロJr.内野手と白熱した対決を演じた。MLBスタッツ公式ツイッターは、MLB史上最速169キロを誇る剛球守護神と怪物新人の初対決に注目。米ファンから「すごいバトル」と驚愕の声があがっている。

 チャップマンは96.9マイル(約155.9キロ)、98.2マイル(約158キロ)の剛速球で2球で追い込んだが、ここからが勝負だった。100マイル(約161キロ)を超える剛速球とシンカー、スライダーを7球ファウル。最後はフルカウントから99.6マイル剛速球(約160.2キロ)で遊ゴロ併殺打に仕留めた。白熱バトルにファンは大興奮だった。

「彼のバットスピードはすごいね」

「素晴らしい」

「すごいバトルだった」

「そして、ファンは彼(ゲレーロJr.)にスタンディングオベーションをした!」

「なんて打席、そして投球パフォーマンス!!!!!」

「見ていて本当に激しいバトルだった」

 チャップマンは1点のリードを守りきり、31セーブ目。田中の今季8勝目、日米通算171勝をアシストした。ファンを熱くさせた白熱の13球。同地区に所属する2人の怪物の、次回対戦も注目したい。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【動画】凄まじい力勝負…世界最速左腕チャップマンVS怪物新人ゲレーロの白熱バトル全13球“無言で退場”の悲劇も… “天井ツンツン男”再来に批判殺到「大人になれ」ロビンソン・カノが暴露した古巣ヤンキースへの不満
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)