香港発着全便が欠航=改正反対派、空港で座り込み

 【香港時事】容疑者の中国移送を可能にする香港の逃亡犯条例改正問題で、改正に反対する市民は12日、香港国際空港で抗議の座り込みを行った。地元メディアなどによると、この影響で、既に搭乗手続きを終えた出発便などを除き、同日中の同空港の発着便はすべて欠航となった。欠航は13日午前まで続く見通し。催涙弾を発射する際に使う警告旗を持った警官隊が空港内に入ったとの報道もある。
 反対派の市民は9日から3日間の予定で空港での座り込みを敢行。12日の座り込みは当初予定していなかったが、週末の抗議活動でデモ隊に催涙弾などで実力行使した警察の対応の理不尽さを観光客らに訴えるため、活動を続行した。 
〔写真説明〕12日、香港国際空港で、抗議の座り込みをする逃亡犯条例改正反対派(ロイター時事)
〔写真説明〕12日、香港国際空港で抗議活動を行う逃亡犯条例改正反対派(EPA時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)