スールシャール監督が新戦力を絶賛「マンUにふさわしいDF」

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、イングランド代表DFハリー・マグワイアとイングランドU-21代表DFアーロン・ワン・ビッサカを絶賛した。

 マンチェスター・Uは今夏、クリスタル・パレスから移籍金5000万ポンド(約63億円)でワン・ビッサカを獲得。さらに、プレミアリーグの夏の移籍市場最終日にはDF史上最高額となる8000万ポンド(約102億円)でレスターからマグワイアを獲得した。

 両選手は11日に行われたプレミアリーグ第1節のチェルシー戦でフル出場し、4-0の勝利に貢献した。スールシャール監督は試合後、「ハリー・マグワイアとアーロン・ワン・ビッサカはチームに良く溶け込んでいる」ことを明かし、5日に獲得が発表されたばかりのマグワイアについては次のように語った。

「ハリーは合流して間もないが、経験豊富で学ぶ意欲があるプロ選手だ。我々は彼とどのようにプレーしてどう守りたいか話した。彼はアーロンと共に向上していくだけだ。非常に積極的でタックルが強く負けるのが嫌いだ。マンチェスター・UにふさわしいDFだ」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)