【高校野球】八戸学院光星、執念の5年ぶり3回戦進出! 6点差逆転されるも智弁学園に再逆転勝ち

■智弁学園は6回に打者12人猛攻で一挙7得点、6点差を大逆転していた

 第101回全国高校野球選手権大会第7日が12日、甲子園球場で行われ、第3試合は2年連続10回出場の八戸学院光星(青森)が10-8で3年ぶり19回目出場の智弁学園(奈良)を破った。

 八戸学院光星は初回、青森大会6本塁打の3番・近藤のソロで先制。3回にはU-18代表候補、1番・武岡のソロ、近藤のタイムリー、下山のタイムリーで3点、6回にも3点を追加した。

 すると6点リードで迎えた6回、ここまで2安打1失点と好投していた先発・横山が突然の乱調。1点を返されると3連続四死球で押し出した。ここで2番手の山田に交代するも、流れは止まらずこの回7失点で逆転を許した。

 しかし、8回に1死二塁から下山の二塁打で同点に追い付くと、迎えた9回。2死満塁から沢波が一塁強襲の当たり。これが決勝の2点タイムリーとなり、2014年以来5年ぶりの3回戦進出を決めた。

 敗れた智弁学園は、6回に打者12人猛攻で一挙7得点。6点差大逆転劇を演じたが、2011年以来の夏3回戦進出はならなかった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

「小さいからってなめんなよ!」智弁学園の“小さな巨人”が誓うVと監督への想い【最新版】第101回全国高等学校野球選手権 組み合わせ&結果一覧巨人から「ビックリ」4位指名 大阪桐蔭の“未完の大器”がプロ入りに賭けた理由
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)