【高校野球】選抜準V習志野、沖縄尚学に劇的勝利 9回1死から同点、10回に和田の二塁打で勝ち越し

■6回途中から登板したエース飯塚が6者連続三振を奪う好投

 第101回全国高校野球選手権大会の4日目が9日、甲子園で行われ、第3試合は習志野(千葉)が5-4で沖縄尚学(沖縄)を破った。

 習志野は1点を追う9回、1死一、三塁から角田の適時打で同点に追い付くと、延長10回には1死二塁から和田の適時二塁打で勝ち越した。6回途中から登板したエース飯塚が6者連続三振を奪う好投で勝利を呼び込んだ。

 敗れた沖縄尚学は奥原のスクイズ2本で2度のリードを奪ったが、最後は延長で力尽きた。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【動画】最近、甲子園でよく耳にする? 昨年は根尾の応援曲としても話題に…コナミが無料配布する楽曲「かっせー!パワプロ」の実際の音源「自分がビッグ4と呼ばれるのは…」―星稜・奥川を成長させる“謙虚”な姿勢2019年ドラフト候補は150キロ右腕がズラリ 佐々木、奥川、西が「高校ビッグ3」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)