【MLB】ダルビッシュ、81日ぶり3勝目!本拠地移籍後初勝利“記念球”は「妻にあげるかも」

■本拠地レッズ戦で6回7K無四球、2安打無失点でメジャー通算60勝

■カブス 5-2 レッズ(日本時間18日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発し、6回2安打無失点と好投。本拠地では移籍後初勝利、14試合ぶり勝ち星となる3勝目を挙げた。この勝利で日本人史上5人目のメジャー通算60勝に到達した。

 初回からエンジン全開だった。センゼル、ボットを2者連続見逃し三振、スアレスを投ゴロに抑えると、2回は2死からジェネットに死球を与えたもののイグレシアスを三ゴロとした。3、4回は2イニング連続で3者凡退に抑え、5回2死一、二塁では投手のグレイを二ゴロ。6回は先頭・センゼルに中堅への二塁打を与えたものの、ボット、スアレス、プイグの中軸を3人斬りした。6回83球(ストライク60球)、7奪三振無四球、2安打無失点と好投した。

 2試合連続、今季6度目のクオリティー・スタート(QS)を達成し、本拠地では今季11試合目、移籍後14登板目で初勝利。4月27日の敵地ダイヤモンドバックス戦以来14試合ぶりの3勝目をマークした。野茂英雄投手(123勝109敗)、黒田博樹投手(79勝79敗)、田中将大投手(70勝39敗)、岩隈久志投手(63勝39敗)に続く通算60勝(49敗)に到達した。

 ダルビッシュは6月21日(同22日)の本拠地メッツ戦で先発したが、6回4安打4失点で勝敗は付かず。先発10試合連続勝敗なしは1977年のランディ・ラーチ(フィリーズ)以来42年ぶりのMLBタイ記録となっていた。同26日(同27日)の本拠地ブレーブス戦では5回5安打5失点で4敗目。前回12日(同13日)の本拠地パイレーツ戦では6回2安打無失点も勝ち運に恵まれなかった。この日の好投で、今季は19試合登板、3勝4敗、防御率4.72となった。

 81日ぶりの勝ち星となったダルビッシュは米スポーツ局「ESPN」の取材を受けた。本拠地移籍後初勝利に「リグレーでの初勝利はアメージングだよ。常に求めていたことだから」と回答。6回2死一塁ではドジャース時代の元同僚プイグを97.8マイル(約157.4キロ)の高めフォーシームで空振り三振に仕留め、雄叫びを上げてガッツポーズした。「プイグは素晴らしい打者だからね。彼に(ホームランを)被弾したら、同点になっていた。100%で投げたんだ」と振り返った。

「カットボールは少し抜けていたけど、直近何回かの登板時も言ったように、(持ち球を)織り交ぜることができたんだ。それにかなり助けられたよ」と振り返り、この日の“勝利記念球”については「妻にあげるかもしれない。たぶん彼女は欲しがらないけどね」と話した。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

トラウトのメジャー最高契約にダルビッシュ驚き 初対戦時に本塁打「誰なんコイツ?」ダルビッシュ快投に地元メディアは続々称賛「136億円の期待通りの男に見えた」米メディア特集「ヤンキース史上最悪の12の契約」 ワースト1位は日本人
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)